上級講座のご案内

「四柱推命はよく当たる」。しかし「時々は当たらないと感じることもある」。そんなことがありませんか。もしかすると、あなたの四柱推命の鑑定技術が間違っているのかもしれません。本当の四柱推命の鑑定は簡単に外れることはないのです。もしあなたが以下のような技術や理論を使っていれば、多くの鑑定ミスをしている可能性が高いといえます。


1)空亡の技術を使うと・・・・日本の四柱推命の多くは当たり前のように「空亡」の技術を使っています。しかしこの空亡術を使うと四柱推命の鑑定の的中率が格段に低下します。そもそも空亡術は根拠の薄い統計的にも信用できない技術だからです。四柱推命の正統派の古典である『子平真詮』には「空亡は笑止千万の技術である」と書かれています。

琉球四柱推命でも長年にわたり空亡の技術を検証してきましたが、まったく根拠のない技術であると判明しましたので一切使用していません。空亡は四柱推命の干支の関係性を正しく読めない人たちが考え出した技術であり、大運と年運の関係を知らない人々が編み出した技術と考えられます。この空亡説を採用すると正しい干支の関係性を読めなくなるので、大きな鑑定ミスをすることになります。

2)特殊星(神殺)を使うと・・・・日本の四柱推命では空亡と同様に特殊星も当たり前のように使います。しかしこれも同様に鑑定の的中率を格段に下げるものです。正しい鑑定を目指す人はこの特殊星も使ってはいけません。四柱推命で大切なのは干支の関係性を正確に読むことです。ところが特殊星はその過程を無視し、出来上がった単純な表を使って〇〇貴人等と出します。そこが問題なのです。

琉球四柱推命では特殊星を使いません。なぜなら命式を正しく読むには干支の配置、干支の関係性、干支の性質、大運との関係性を総合的に読む必要があるからです。表をみて単純に〇〇貴人とやってしまうと、それに解釈を頼ってしまいます。ところがその〇〇貴人の干支が隣から剋を受けている場合がありますし、大運との関係で干支の作用じたいが変化していることもあるのです。ですから表をみて単純に〇〇貴人とやってしまうと、大きな鑑定ミスをすることにつながります。

3)蔵干の間違った使い方していませんか?・・・・日本の多くの四柱推命は地支の中にも干が含まれているという考え方「蔵干」説を当然のように扱っています。その考え方に基づいて地支の中にも通変を出したります。これが大問題なのです。そもそも天干と地支はまったく異なる性質を持つので、地支の中に通変を出してはいけませんし、天干の中に12運を出してもいけません。

琉球四柱推命では干支の性質の違いを明確にするために、天干にのみ通変を配置し、地支のみに12運を配置します。このように干支を明確にわけて鑑定すると、鑑定の精度が格段に上がることがわかります。この理論を十数年にわたり採用し鑑定していますが、なんの矛盾も出てきません。これを採用したことで鑑定の精度は格段に向上し、また鑑定内容も明瞭になりました。

4)時柱を軽視していませんか?・・・・四柱推命において時柱の作用は大事ですが、四柱推命を使う人の中には時柱がなくても大した問題ではないと考える人がいます。また時柱を出している人でも、時差の補正をしないでそのままの生誕時を使用する人がいます。こうしたルーズな鑑定をしていると、時には大きな鑑定ミスをすることになるでしょう。

時柱がわからないと何が問題になるのでしょうか。たとえば年月日の三柱に日干の根となる干支がない場合、四柱推命では「身弱」と判定します。それに従って良い作用や悪い作用をする干支を判定します。ところが時柱の中に根となる強い干支があった場合、この判断はすべて狂ってきます。

琉球四柱推命では高精度鑑定をソフトを使用するので、生誕時間と生誕場所の情報を入力するだけで簡単に正確な時柱を出すことができます。正確な天文情報に基づく計算プログラムを使用しているので安心して時柱を扱うことができます。もし生誕時間が不明の場合でも生日に影響がないように配慮されたプログラムを使用しているので、安心して使うことができます。

5)格の出し方や用神を過信していませんか?・・・・普通の四柱推命では月支を「格」としてその人の基本的なタイプを判断しています。ところが月支が剋されている場合がありますし、月支の作用が弱いこともあります。また大運の影響で月支に変化が起きていることもあります。これらを無視して月支の格を当たり前のように扱うと、大きな鑑定ミスにつながることがあります。特に「元命説」は大きな誤りとなっていますが、それに気づかないで鑑定する人が多数います。

用神についても同じで、用神を過大評価してこれのみに解釈を頼ると間違った判断につながります。中国の古典では用神を重要視する傾向がありますが、用神といえども単独で作用するものではなく大運や年運の影響を受けて作用が変化することもあるのです。四柱推命は日干の理論や通変、12運、干支の性質、干支の配置、大運の影響などを総合的に分析することで正しく判断することが可能になります。

琉球四柱推命では格や用神に頼ることなく、命式の干支の性質や配置の関係性を総合的に正しく分析することで精度の高い鑑定を目指します。

6)大運を年運や月運と同じ「流運」として判断していませんか?・・・・四柱推命の古典でも同じですが、大運の重要さを理解していない人が多数います。大運を単なる運として理解し、年運や月運と同じ扱いをしていると大きな鑑定ミスにつながります。大運は単なる運ではなく、命式の一部と同じような扱いをしなければなりません。

琉球四柱推命では大運の作用を非常に重要視します。大運の作用を正しく知ることが精度の高い鑑定につながるからです。大運の作用は古典でも扱っていない内容が多数ありますが、琉球四柱推命は長年の独自の研究と検証の過程から大運の作用を詳細に分析し理論化しています。これにより鑑定精度を上げています。

琉球四柱推命は他にもオリジナル理論が盛りだくさん。以下のような独自の理論を持つ新しい四柱推命が琉球四柱推命です。

1)カルマ理論を組み込む・・・・四柱推命は人の運命を正確に読む技術を持っています。ところがその正確な鑑定が、人によっては知りたくない情報になることもあるのです。四柱推命を長年勉強した人は「安定した良い命式」と「不安定な悪い命式」があることを知っています。しかし四柱推命には当てる技術じたいはあっても、高度な理論がないので「あなた良い命式ですね」「あなたは悪い命式ですね」としか言えません。

そうなると「悪い命式」と言われた人はどうしたらよいのでしょうか。言い換えれば「あなたは生涯不幸になりますよ」と言われているようなものです。理論がなく当てる技術だけがあればこうした鑑定になってしまうのです。これでは四柱推命は何の救いにもなりません。人によっては「そんなことは聞かなければよかった」となるでしょう。

琉球四柱推命ではその人の命式は「前世の生き方の結果である」と考えます。ですから命式が悪い人はそうした生き方をしてきたということになるでしょう。しかし命式はあくまでも前世の結果ですから、それを反省して今度の人生を修正していこうと考えれば、新しい方向に向かうことができます。命式は固定化したものではなく、あくまでも深層心理の傾向性ですから、本人がそれを意識化して変化を心がければ、確実にその人の人生は変化していきます。琉球四柱推命ではこれをベースとして理論化しているので、どんな人にも対応することができるのです。

2)深層心理学を組み込む・・・・四柱推命で使われる言葉は古典に出てくる専門語を使用するのが通例です。比肩や劫財、食神や傷官などは非情にセンスのあるネーミングですが、一般人には理解不可能です。ですからこれらの専門語の作用を鑑定の際に伝えることができません。これではせっかくの四柱推命の価値も下がってしまいます。

琉球四柱推命ではこれらの専門語を心理学用語に変換しました。自我、感情、理性などの用語を使用することで、深層心理の中で作用しているこれらの作用を誰でも実感することができます。この作用を実感することで、その本能作用をだんだんと制御できるようになります。結局、自分の運命を良い方向に持っていくには、これらの本能作用を正しく制御する必要があるのです。これらの本能の作用がどのようなものかを当サイト内のブログで紹介しています(ブログをご覧ください)。

さて、あなたも琉球四柱推命の上級講座を学びませんか。琉球四柱推命は単に従来の四柱推命を引き継ぐだけではなく、従来の誤った鑑定技術を多数修正して鑑定精度を格段に高め、さらに新しく「カルマ理論」「心理器官論」を組み込んで現代の「深層心理学」として体系化しています。

これにより四柱推命は単なる占術ではなくなり、人の運命を正しく導くための「人生のナビゲーションシステム」「運命分析ツール」として確立しています。難しかった専門語も一般用語に変換することで学習を容易にしました。

◇上級講座の受講について

1)上級講座は当校の初級講座でもある「琉球四柱推命講座」の学習を修了した方を対象としています。初級講座を受講していない人は最初にそちらからお申込みください。当校の鑑定ソフトと教材がないと上級講座を学習できません。

2)上級講座には紙のテキストはありません。教材用のメルマガを使用して学習を進めますので、パソコン用のメールアドレスを事前にご用意してください。送信データの容量が大きいのでスマホなどのメールアドレスには送信できません。(送信データがA4用紙で5~6枚分あります)

3)教材用のメルマガの配信は月に2回です。受講者はメルマガで学習を進めていきます。四柱推命に関する質問は無料で月に2回までメールで回答いたします。質問内容は学習内容に関すること、あるいは自分や家族、友人、知人などの命式の解釈、または有料で鑑定をしている場合はお客様の命式の解釈の仕方なども指導します。

4)修了年限は3年間です。教材メルマガの配信は1年間で24回、3年間で72回となります。講座の受講料は半年ごとに更新し、その際に事情のある方は途中で休学することもできます。受講料は以下の通りです。

1年目の前期・・・20000円。1年目の後期・・・20000円。2年目の前期・・・19000円、2年目の後期・・・19000円。3年目の前期・・・18000円、3年目の後期・・・18000円となります。

◇上級講座のお申込み

1)お名前、住所、受講用のメールアドレスをお書きの上、当校の以下のメールアドレスへ「上級講座の申し込み」として送信してください。数日以内に初回の受講料20000円をゆうちょ口座に振り替え下さい。受領の確認をもって受付といたします。

→当校のメールアドレス school@ryukyuusichuusuimei.net

《ゆうちょ銀行の振替口座》口座記号番号 01750-3-90489 加入者名 オフィスファル ※電信扱いの場合は即日に確認がとれますが、文書扱いの場合は2~3日かかります。平日時間外や土日祝日は翌営業日の確認となります。お急ぎの方は電信扱いをご利用ください。