四柱推命でみる加害者の運命

思いもせぬ突発的な事故ーもし、あたながその加害者であったらどうしますか。遺族への謝罪や世間からの冷たい逆風など、事故の加害者に対する制裁は厳しいものがあります。それが意図的な行為ではないにもかかわらず、加害者は犯罪者のような扱いを受けることもあるのです。

「自分はこれからどうすればよいのでしょうか」。ある若い女性は気落ちした表情で語りました。険しい顔に元気のない声。それは彼女の置かれた苦しい運命の状況を表していました。「まさか、あんなことになるなんて」。

彼女は車の運転中に人を撥ねていたのです。交通事故の加害者でした。近いうちに裁判があるといいます。彼女はその状況から逃れたがっているようでした。彼女の話す憂鬱な言葉の中にそうした切迫した想いが秘められていました。被害者の未来を心配しているようにも見えましたが、それ以上に自分の未来を心配しているようでした。

私は言いました。「それであなたは自分の運命がどうなっているのかを知りたいというわけですね。わかりました」。私もこんな事例は初めてです。マスコミ等で流れる事件の調査分析については、これまでもやっていました。ただ実際に相談者から依頼を受けるのは初めてのことでした。

いったい彼女に何が起きたのでしょうか。事故は偶然の産物なのか、あるいは何か運命的な背景があるのか、彼女の運命の状態をまず調べてみる必要があります。心理分析から始めるのが通例です。彼女の心理構造は特に珍しいものではありませんでした。

心理グラフをみると自我と知性に偏っているタイプです。知性に偏る人は物事をクヨクヨと考える人ですが、知性的な面にエネルギーが流れるために相対的に身体能力が鈍くなることがあります。要するには運動能力や反射神経が鈍くなる傾向があるのです。ただそれだけで事故の原因を断定するわけにはいきません。

次に彼女の自我が水元素であることに注目しました。このタイプは水の性質上、頭がよく回転する人になりますが、反面、現実の即応性が過剰になる場合もあって、そのような場合はいわゆるお調子者タイプになることがあります。つまり自分の都合で物事を判断したり、自分の考えだけで物事を柔軟に解釈するタイプです。

こうしたいわゆるお調子者タイプの人は交通ルールを厳しく守らねばならない車の運転者にとっては危険な存在になることも多いのです。たとえば自分が急いでいれば平気で信号を無視したり、スピード違反をしたりするでしょう。また標識を無視したり、それを自分流に解釈したりします。これらは柔軟性の悪い見本ともいえます。こうした交通マナーの無視はいずれ事故につながる大きな危険性を秘めています。事故につながる原因からいうと、たしかに彼女の心理構造の中にも存在したようです。

「事故は軽率なミスから生じたのではありませんか?」私が彼女に問いかけると、彼女はこくりと肯きました。やはり事故の直接的な原因は彼女の心的なものにありました。彼女の自己本位な運転が事故を引き起こしていたのです。

しかし加害者である彼女よりも辛いのは被害者のほうでしょう。ある日突然に奈落の底に突き落とされた被害者の心情は察して余りあるものです。また家族などがいれば、その苦痛も倍増するでしょう。私は言いました。「あなたに責任があるとはいえ、事故を起こした事実はどうしようもありません。今後どうすればよいのかを考えてみましょう」。

事故はすでに起きてしまったことです。今さら彼女の心理構造や態度の問題をいってもどうしようもありません。問題は彼女が今後はどうすればよいのかということに集約されるでしょう。彼女は言いました。

「私はこの後どうすればよいのでしょうか」。彼女は今後のことばかり気にかけていました。問題が起きてしまったことは仕方がない、ではどうすればよいのかという考え方はとても現実的で柔軟な考え方といえるでしょう。しかしまさにそうした彼女の心理構造が今回の事件を引き起こしていたのです。矛盾して笑うに笑えない状況に私も苦しいものがありました。

「あなたの現在と未来の運命の変化を読んでみましょう」。私はそう言うと、彼女の四柱推命の基礎データを見ながら解釈していきました。彼女の周期変化をみると、ここ数か月の間に大きく変化していることがわかります。そしてその意味するものは今回の事故を暗示するものがありました。つまり今回の事故が偶然の産物ではなく、カルマ的な背景をもつものであることがわかりました。私は彼女の心理構造に原因の本質があると予測していましたが、そうではないことを彼女の運命は告げていました。

彼女の潜在記憶の中にとても自己本位でわがままな心理が宿っていました。それは彼女の前世の姿そのものでしょう。調子のよい八方美人的な人であり、かなり自己本位で軽薄な人生を送ってきたことが予測されます。

こうした性格は他人から見た場合にあまり好ましいものではありません。そのために本人が知らずとも他人からいろんなことで恨まれていることが多いものです。そうした他人の恨みや怒りの想念は、それを向けた相手に必ず届くという一つの運命法則があります。現代人はこうした法則を信じませんが、運命の世界を学ぶものには疑えない事実なのです。

「あなたの運命の中に今回の事故を示唆するような法則的な特徴が出ています。それはあなたの潜在的なものに関連しており、そのネガティブな働きによってあなたは苦しい状況に動かされているようです」。

彼女の周期変化は彼女の心理構造の在り方を変化させ、外部からの攻撃的な作用に対して無防備な状態を作り出していました。それは運命的に見た場合、非常に危険な状態といえるでしょう。彼女に対する他人の怒りや恨みが彼女の心理の中に直接的に侵入してくるのです。メンタルな次元にある防衛線が破壊され、様々な他人の想念が自分の意識の中に流れ込んでくるのです。それは彼女の健全な精神作用を妨害し、彼女の情緒を不安定にして運命を苦しいものにしていきます。

彼女は性格的な欠陥から多くの人に恨まれていました。通常の状態であれば、こうした他人の想念も理性の防衛機能により干渉を防ぐことができます。しかし彼女の周期変化により意識の内部に混乱をきたしているため、健全な防衛機能がマヒして機能しなくなっているのです。

そのために外部からの悪意なども彼女の心理の中に侵入してきます。その影響が強ければ彼女は精神病になっていたことでしょう。ただ彼女は楽観的な性格であるために病気の方向には向かいませんでした。

ただその心理構造の中に侵入してくる悪意の想念は、彼女の運命を苦しい方向に持って行こうとするでしょう。たとえば彼女を事件や事故に遭わせるかもしれません。あるいは彼女自身が事件や事故を起こすように仕向けるでしょう。また周囲の人に敵対意識を持たせたり、悪意の念を持たせたりします。それによって家族を仲違いさせたり、仕事で彼女を孤立させたりするでしょう。今回の事故もそうした背景の中で生じた可能性が高いのです。彼女の運命パターンはそうした運命の影があることを告げていたのです。そこで私は言いました。

「あなたは自分のことばかり心配せずに被害者の立場にたって誠心誠意償わねばなりません。あなたが真剣に努力するならば、その想いはきっと相手にも届くでしょう」。彼女は自分のことばかりを心配していました。そうした態度はきっと相手にも届くことでしょう。被害者の相手はそんな彼女を許すわけがありません。彼女はまた人の恨みを一つ積み上げたのです。それは彼女の未来の運命をさらに苦しいものにしていくことでしょう。彼女はそろそろ自分に甘い自らの心理に気づかねばならないのです。

今回の事件は彼女のこうした深層心理が作り出した試練といえるでしょう。彼女が被害者意識をもち、相手に誠意のある償いをせずにこの状況を逃れようとするならば、未来において再び同じような事件が生じることでしょう。心の影は時空を飛び越えて、どこまでもついてくるのです。彼女がその影と正面から対峙してその偶像を破壊しないかぎり、それはけっして無くならないのです。

「何とかやってみます」。彼女はそう言いました。それは簡単なものではありません。彼女がそれをやり遂げるにはまだまだ長い時間がかかるでしょう。ただ確実に言えるのは彼女がそうした解消の道のりを歩み始めたということです。それは彼女が自分の運命を超える第一歩になるでしょう。いつの日か彼女が正しい運命を知ることを私は願いました。

 

2019年10月23日