浮気で悩む運命を調べると

「私は今すぐ幸せになりたいのです」。その女性は琉球四柱推命の分析鑑定が始まると、開口一番そう言いました。年のころは三十代の前半でしょうか。十年ほど前に結婚をしており、現在はご主人と子供の三人暮らしです。結婚当初はどこにもある平穏な家庭だったといいます。しかし数年前のご主人の浮気をきっかけに家庭の空気ががらりと変わったようです。

「こんな生活を続けるのは嫌なのです。何か幸せにになる方法はありませんか」。その相談者は現在の煮え切れない生活を変えたがっていました。そこで私が何か良い方法を知っているのではないかと思い訪ねてきたようです。

「いま引っ越しをしようと思っています。方位などを使い運命を変えられませんか」。以前の風水ブームでこのような相談が増えてきました。何か神秘的な力を使って運命を変えようと考えているようです。私は相談者の話を聞いたうえで、四柱推命の基礎データを分析していきます。

結婚した時期をみていきました。結婚した当初は幼少期から続く平穏な周期の流れに乗り、幸福な時期が続いています。問題はその先でした。結婚して数年後、大きな周期の変化が起きています。その周期は女性にとっては厳しい周期でした。特に愛情問題が発生する否定的なサインが出ています。つまりご主人の浮気という現象は、その象徴的な運命のサインが現実化したものといえるようです。

この時期にご主人が浮気をしたことは偶然ではないことになります。もしそれが偶然に生じたものであれば、妻である彼女の運命の中にこうした情報が出てくることはないでしょう。その女性の運命プログラムがこの時期に愛情問題が生じてくることを告げていたのです。「大変残念ですが、すぐに運命を変える方法はありません」。それを聞くと女性はがっかりしたように肩を落としました。女性の関心の対象は人間関係に向かっていました。このようなタイプの女性は一番に愛情面を大切にするものです。それに気づいた私は言いました。

「あなたの本当の悩みはご主人のことではないですか?」。その女性はしばらく黙っていました。沈黙が続いた後に女性は言いました。「そうかもしれません」。この女性はなぜこのような厳しい運命を享受しなければならなかったのでしょうか。たしかにこの女性の運命には愛情問題に苛まれる暗示が出ています。もしご主人が浮気に走らなくても、別の形で愛情的な問題に悩まされたことでしょう。こうした運命の流れは避けることのできないカルマ的なものとして彼女の運命を翻弄していました。

彼女のように人間好きで愛情深い人にとって、愛する人から裏切られることはどれほど辛いものでしょうか。生気のない無表情な彼女の顔がその深刻さを物語っていました。「ご主人の浮気で何か思いあたることはありませんか?」。女性は困惑したような表情をしました。それはそうです。彼女がご主人の浮気の原因を知る由もありません。ただ彼女の運命に出ているサインとご主人の現実的な一致は、単に偶然では片づけられないものがあるのです。

私の中にはある一つの結論が浮かんでいました。この四柱推命の分析鑑定で一番大事なポイントは、彼女の運命は偶然の流れで生じたものではなく、彼女の運命の中で必然的に起きる愛情的な問題があることを理解せねばなりません。ではその原因は何かということが次に出てきます。彼女の深層心理のバランスをみると、愛情深い人であることが問題とは思えません。こうした深層心理の中で説明のつかないことの多くは、周期的の中で出現してくる前世のカルマであることが多いものです。

そこで彼女の前世のカルマを分析鑑定しました。彼女の前世は社交的で活動的な人であることがわかりました。また同時に人間好きな人でもあります。このあたりの情報は彼女の関心が人間関係に向けられていることでも説明がつくでしょう。彼女の前世はおそらく多くの人との交流があったのでしょう。現代でいえば社交的な芸能人のようなタイプの人です。明るく社交的で容姿にも恵まれた人生。多く人から愛される常に明るさに満ちた人生です。

多くの人はこうした明るく容姿に恵まれた人に憧れを抱くものです。ただ人目を引き付ける明るい容姿が、実際には多くの人を惑わす機会を作り出していることを理解せねばなりません。もしそのような人が家庭を持った場合、その優れた容姿は反対に災いの種になることもあるのです。こうした人は常に周囲の人から言い寄られます。明るくきれいな容姿と性格が周囲の人を惑わすのです。どれだけの人がこうした誘惑に打ち勝てるのでしょうか。

彼女の前世もそうした周囲の誘惑を断ち切れなかった人生ではなかったのでしょうか。もし彼女が結婚しているにも関わらず、そうした誘惑に勝てなかった場合、一番傷つくのは彼女の配偶者でしょう。彼女の過去の運命においてこのような流れが存在したのではないでしょうか。もしそのような状況があった場合、その情報は消えてなくなるのではなく、その情報は彼女の深層心理の中に深く刻み込まれます。そして今度の人生では配偶者との立場を交代して「相手の気持ちを味わう」運命になるのです。

運命の世界はすべての人間の運命を整合化させるように構造的に動いています。人間の深層心理の中には運命の世界と連動する大きな機構があるのです。すべての人はこの運命の世界と深く結びついており、それはたとえば大きな巨木と葉っぱの関係のようなものです。

葉一枚は一見すると一枚一枚分離したように見えます。しかしそれは枝にしっかりと結びついており、全体とつながっています。そして生きるための養分を木全体からもらっています。その養分であるエッセンスは木全体を循環しており、その葉っぱ一枚まで届けられます。

またその反対にその葉っぱ一枚の情報ですら、その木全体に伝達されていきます。そしてその情報は木全体の情報として処理され、再び小さな葉っぱ一枚にまで戻されて循環するのです。運命の世界もこのような巨木と葉の関係にたとえられるでしょう。人間とはその世界に従属する一枚の葉のようなものです。そこから分離して単独で存在しているわけではありません。たしかな運命法則の下に全体の一部として生かされているに過ぎないのです。

「私にそんな世界の話はわかりません。ただ私は幸せになりたいだけです」。相談者の女性は残念ながらこうした話を理解できないようでした。しかし彼女もいつかはこうした運命の世界を理解できる時が来るでしょう。

すぐに幸せになりたいと願う彼女の気持ちはよくわかります。ただ人がこうした大きな運命の機構の中で生きていく以上、その法則性を無視した個人の運命というものは成り立たないのです。本当に幸せになりたければ運命の世界の中に自らを正しく同調させる生き方をせねばなりません。私たち人間はそこにつながる心の世界を奥深く探求し、自らその糸を正しく紡いでいかねばならないのです。それが真になされるときに、本当の幸せというものが現れてくるのかもしれません。

 

2019年09月29日