生まれ変わりと運命の謎

親と子供の関係。人間関係の中でこれほど親密で強い関係がほかに存在するでしょうか。男女の関係も時に親密になりますが、親子関係のような持続性はありません。職場では鬼のように思われている上司でも家に帰ると別人のように我が子に甘い人がいます。俗にいう「目に入れても痛くない」と言われるのは、こうした親子の親密さを表したものでしょう。

ただそうした親密な親子関係は、琉球四柱推命の運命研究からすると、実は複雑に絡み込んだ関係でもあることが見てきます。ただ単純に「親子はいいものだ」「家族はいいものだ」とは言えない側面を持っているのです。では、そうした親子関係や家族の関係にはどのような運命の背景があるのか、琉球四柱推命の分析のメスを入れてみましょう。

以前ですが、琉球四柱推命の分析鑑定に子供のことで悩んでいる母親が訪ねてきました。「この娘のことでとても悩んでいます」。苦々しい表情で母親は語り始めると、堰を切ったように娘の話が続きました。

私は話を聞きながら、娘さんの四柱推命基礎データに目を通します。なるほど確かにその娘さんは自我意識の強い人であり、関心も人間関係よりも金銭などの物質的なものに向かっています。自我が強く物質志向の人は、必ず人間関係でもめ事を起こす人です。こうした人は生育期にも親を悩ますことでしょう。

一方で、このときに調べた姉のほうはまったく違った性格でした。自我の控えめな人であり、関心の対象も物質よりも人間関係や家庭への奉仕に向かっていて、とても女性的なタイプの人でした。同じ姉妹といっても潜在意識の心理構造はまったく違っていました。もちろんこれも運命のなせる業でしょう。それを母親に告げると、「二人の性格はまったく言う通りです。同じ姉妹なのになぜこんなに性格が違うのでしょうか」「私の育て方が間違っていたのでしょうか」。

その母親は自分の育て方が間違ったせいで妹が捻くれてしまったと思い込んでいるようでした。そうではありません。もし育て方が悪かったのであれば、四柱推命の命式の基礎データの中にこのような性格を読むことはできないでしょう。反対に考えれば、四柱推命の基礎データにこうした性格が表出されていることは、そもそも二人はこのような性格であるということになるのです。

「娘さんは育て方のせいでこのような性格になったのではありませんよ。それは彼女が生まれつき持っている運命なのです」。相談者の母親はこの一言で肩の荷が下りたようでした。これまでは自分の責任だと思い込んで悩んできたのですから、その一言が少しでも救いになったのかもしれません。「そうですか。運命ですか。でも娘も不憫な子ですね」と母親は呟くように言いました。

そこには少し誤解がありました。母親はこうした星の下に生まれた我が子を不憫な運命だと考えていました。そこで私は言いました。「そうではありませんよ。娘さんは偶然にこうした星の下に生まれてこうした運命を背負ったわけではありませんよ」「人が生まれるときはその人の潜在心理に相応するようにして、生まれる時期を選んでいるのですよ」。

母親はキョトンとして聞いていました。次元の違う世界の話をすぐには理解できなかったのかもしれません。

人間の運命は生まれた瞬間にその人の基礎的な土台が決まります。しかしそうした考え方に立つと、「生まれつき幸福な運命を持つ人」と「生まれつき不幸な運命を持つ人」がいることになります。たとえばこの事例でいうと、性格が穏やかで周囲から愛される姉は幸福な運命であり、自我が強くわがままな妹は人と争うばかりの不幸な運命というわけです。

相談者の母親の理解はこのようなものでしょう。ただそれは間違いなのです。人の運命が一度きりのものであればそうなるでしょう。ただ琉球四柱推命を通じて到達した運命の世界は、まったく想像を超えた世界でした。運命は現在の環境や遺伝子や教育だけから作られるものではなく、人の運命にはこれらをすべて統括するような運命の本質的な世界が存在するということでした。

つまり私たち人間の人生は今の一度きりの人生ではなく、人間は何度も生まれ変わっては異なる人生を歩んでいるということなのです。

私たちは今は日本人として生まれてきましたが、それ以前にも別の人生があり、違う国の違う時代に生きていたのです。日本では仏教思想の影響で前世や生まれかわりの考え方が根付いていますが、現代科学を信奉する人々はこれに批判的でしょう。しかし科学の思想がたかだか数百年しか歴史をもたないことを考えれば、科学が万能ではないことを誰でも理解できるでしょう。

人の運命は前世を含む循環的な人生構造の中で作られる、というのが琉球四柱推命の考え方です。先の事例でいえば穏やかな性格の姉は前世においても温厚な人であり、穏やかな生き方を好む人であり、その反対に自我の強い妹は前世においても人間関係を大切にしない生き方をし、物質的なものばかりに目を奪われて生きてきた、というわけです。こうした個人のもつ心理情報は死んだ時点で消えるものではなく、一時的にその人の深層心理の中で種子のような状態で保存されているのです。

それは確かな心理情報として次の人生に持ち越されます。また生まれる環境や遺伝子の影響などもこの情報をもとにして決定されます。ですからこの事例のような運命パターンも偶然に星の下で決まったのではなく、必然的な運命の法則によってそうした「星の下に生まれる」ということになるのです。

私は娘を心配する相談者の母親に言いました。「お母さん、娘さんの運命というのは彼女自身の運命の流れの中で様々な苦労を体験し、またそのことを通じて自分自身の性格や価値観を修正していくためのプログラムなのですよ」「ですからお母さんとしてはそのことに責任を感じる必要はありませんし、また娘だからと深く干渉するのもよくありませんよ」と言いました。

母親は言いました。「娘のことは今まで自分の責任だと思ってきましたが、今日、そうではないことがわかりました。責任を感じて娘に深く干渉してきましたが、これからは少し距離をおいて接したいと思います」。母親はこう言い、少し安堵した表情で帰っていきました。

琉球四柱推命の分析鑑定の仕事は正しい運命の世界を伝えるためにやっています。運命の法則を理解できずに迷信的なことを信じたり、自分の責任を周囲の人のせいにしたり、迷妄の世界を彷徨う人がなんと多いことでしょうか。彷徨うだけならまだしも、その勘違いが未来の大きな過ちの火種となるのです。不幸の本当の原因が自らの深層心理の中にあることを知らない人は何度生まれ変わってもまた不幸な人生を繰り返します。

運命の世界はそうした人が本当の自分の姿を悟れるまで、何度も運命の荒波の中にその人を投げ込むでしょう。そうした中で時には溺れそうになりながら必死に生きるうちに、人は本当の運命の世界を理解しはじめるのかもしれません。人はそうした大きな宿命を背負っているのではないでしょうか。

 


 

 

2019年09月21日