運命を超えた世界へ

運命とは何でしょうか。古今東西、人の運命については様々に語られてきました。私も運命を研究してきた者ですが、運命を一言でいえば「心で見る劇みたいなもの」と考えています。

これは以前から持論としている運命に対するアイディアですが、運命に対する受け取り方は人によって様々でしょう。運命という意味の明確な規定はありませんし、またかなり漠然とした概念と言えるでしょう。

運命というものはその本体である「心」が作り出していく「心理劇」であると言えますが、人間はその心理劇に完全に埋没して多様な役割や意味を学んでいく存在なのです。

心は現代においてかなり観念的に捉えられているようです。科学者の中には心の存在じたいを疑う人がいます。それは実在するものではなく、脳が作り出す現象に過ぎないと考えているのです。心は脳が作り出す幻影なのでしょうか。いや、私はそれを明確に否定できる体験を持っています。ですからこうした脳による現象説は受け入れられません。こうした科学者でも私と同じ体験をすればそれが理解できるでしょう。

では、その心はどこに存在しているのでしょうか。心というものは目に見えるものではありません。しかしそれはたしかに実在するものです。実在するからにはそれがどこかに存在しなければなりません。私はこの心がこの物理的な次元とは異なる空間に存在すると考えています。それは粗雑な炭素原子で構成された身体とは異なり、人類のいまだ知らない素粒子的な次元に存在すると考えます。

そして運命とはその実在する心が作り出してくドラマなのです。そのドラマは非常にリアルであり、私たちの意識はそのドラマに完全に同化しています。完全に同化しているために、それがドラマであることに誰も気づきません。

運命の研究とはこうした多層的な運命を作り出す本体でもある意識の研究なのです。運命を作り出すその意識を「潜在意識」といいます。この潜在意識は私たちの通常の意識の下部構造として存在し、一般には「本能」として知られるものです。私たちはこの潜在意識をあまり意識することはありません。ですが潜在意識は私たちの意識を下部から突き動かし、意識に大きな影響を与える存在なのです。私たちが自分自身であると考える意識は、その潜在意識という大きな下部構造の上に作られた小さな「司令塔」のようなものでしょう。

その司令塔である自分自身の意識は生涯変わりません。この変わらない意識を自己同一的なアイデンティティーと呼んでもいいでしょう。しかしその下部構造である潜在意識は時間の流れと共に常に変化していくのです。その変化には周期的な循環律があり、規則正しい周期的な時間の下で変化していきます。運命はその潜在意識の複雑な変化によって千変万化に変化していきます。人間はその影響を受けて、実際の運命を変化させるのです。運命だけではありません。その人の性格や気質、人格ですら時間の中で変化していきます。また才能や能力なども変化し、さらには外見的な容姿ですらも変化させるのです。

すべての人にこうした運命があります。これは人間の宿命ともいえるでしょう。こうした運命が存在する以上、どんな人もこれを避けて通ることはできません。すべての人が自らの運命と深く関わるのです。ある人は運命の中に「愛」を見出すでしょう。またある人は運命の中に「正義」を見出します。またある人はそこに「自然の偉大さ」を見出すのです。これらは人により様々です。そこに共通するのは人間という意味を超えた普遍性でしょう。私たち人間はこの普遍的な世界を目指して運命の階段を昇っていく存在なのです。

運命の世界で得たものはすべて掛け替えのない経験として自己の中に収れんされていきます。運命とは経験の機会を与える「劇場」のようなものでしょう。私たちすべての人間がその劇場の出演者なのです。あるときは父親の役割であり、あるときは母親の役割であり、またあるときは子供の役を演じます。その中でも主演を演じたりすることがありますし、またあるときはわき役を演じるでしょう。その劇で演じられるすべての役に重要な意味が秘められています。私たちはすべての役を交代で演じることによって、その劇全体が持つ本当の意味を理解していきます。

運命の世界もこれと似たようなものです。すべての人生に意味があります。どんな人生でもそれが無駄になることはありません。運命はその様々なエッセンスを収れんしていくのです。

運命に関してはまだまだわからないことがあります。宗教や哲学や科学を下地としてこれからも研鑽を積んでいかねばなりません。運命の世界は非常に幅広いすそ野を持つ世界です。そこには人間に関わるすべての要素が入り込んでいます。運命の世界を探求するには、これらの絡み込んだ糸を一つ一つ解いていかねばならないのです。

運命の世界は私たち人間が存在する以上、未来永劫続いていくでしょう。その軌跡で作られる学びの糸は運命の世界と深く関わりながら、最終的には真実在の世界と融合していくことでしょう。人間はその学びの過程に生きながら、一つ一つ自らの生を充足させていくのです。

すべてが学びの機会として与えられます。運命とはその機会を活かして自分流に再編していくプロセスなのです。私たち人間の心はそれを具現化していくコーディネーターなのです。運命の世界の本質は「心の遊戯」として存在し、あまりにもリアルな夢を私たちの眼前に映し出します。運命がこのようなものであれば、とびっきり楽しい幸福な夢を見ようではありませんか。人がこうした幸福な世界を夢見ているとき、運命はその本質を垣間見せるのです。そして運命は私たちの心がその劇場を退席するとき、そのリアルな心理劇を終演させるのでしょう。

 

2019年10月07日