四柱推命でみる独立の時期とは

ビジネスでの華々しい活躍。男性であればこのような夢を抱くことがあるものです。資本主義の時代にある現代では様々なものの中でビジネスの成功に大きな価値がおかれています。昔の戦国の世に変わって経済という名の戦争が行われています。このような時代にあってビジネスで勝者となり、生き残ることはとても大変なことでしょう。激烈な生存競争が行われており、栄光と没落のプロセスをあらゆるシーンでみることができます。

一時はマスコミをにぎわしていた時代の寵児が何かのつまずきをきっかけとして没落していく姿をみるとき、私たちは運命の過酷さを実感せずにはいられません。なぜ彼は没落したのか、あらゆる角度からの分析がなされます。しかしそれらは彼を取り巻く状況的なものからの推測でしかありません。時代の流れでやむを得なかったとか、その時の大きな判断ミスがあったとかいろいろと分析されます。

ところが本当は誰も本当の理由というのはわからないのです。ではそうした現代の戦士ともいえるビジネスマンたちの運命の背後には何があるのでしょうか。成功や没落の背後にはそれを左右するような要因があるのでしょうか。

以前、琉球四柱推命の分析鑑定に訪れた男性がいました。その人はある商事会社に勤務していましたが、人に使われる仕事が性分に合わないために、その仕事を独立したがっていました。自分で独立して生計を立てたいという夢を描き、そのタイミングを見計らっていました。

「では、その時期を知りたいというわけですね。少し調べてみます」。男性の四柱推命基礎データをみますと、その時期は感情の機能がかなり強まっており、対人関係での障害が出てくることを暗示しています。

感情は本来、人間関係を構築する機能です。その働きには二種類あり、一つは人を包容する共感する感情で、これが強まる時は人間関係は良好になります。その反対の感情機能である人を拒絶する反感の感情が強まる場合は人間関係がうまくいきません。その男性は後者のほうである反感の感情が強まる時期にありました。

こうした感情の本能が強く作用していれば人間関係が円滑に行くわけがありません。おそらく職場において上司や先輩や同僚と対立して争っていたのでしょう。結局、会社に居づらくなり、独立を考えたというわけなのでしょう。その男性は周期の影響だけではなく、そうした感情の本能をもともと内在させていたために余計に強く作用したと思われます。

深刻に人生を考えている姿をみると少し同情の気持ちがわいてきました。彼のような運命パターンは男性が仕事で独立するパターンとしては多くみられるものです。仕事そのものは順調であっても、周囲の対人関係での軋轢に耐えきれなくなり、独立する人が多いのです。まず彼の運命の流れを確認しておきます。

「仕事を独立しようと思い立ったのは人間関係でのトラブルが原因ですか?」私は率直に言いました。こうしたことを事前に確認しておく必要があります。それは分析鑑定を円滑にするためです。彼は言いました。「ええ、ある上司とのいさかいがありまして。立場的にも苦しいものがありますから」。予想通りでした。こうした流れを確認することで現実の運命と計算上の予測が一致することを確認しておきます。最初にこうした照合をしておかないと、後で生日がずれていたということもあるのです。

「あなたの運命的なものからみると独立のタイミングとしてはけっして良いタイミングではありません。可能であればもう少し留まった方が良いとは思うのですが・・。」実際にその男性の周期的な流れには厳しいものがありました。反感の感情がいまだに続いており、当分の間は彼がそうした心の試練を経験しなければならないことを告げていました。

こうした時期に無理に独立しても結局はあとで辛酸をなめることが多いのです。私は時間をかけて彼を説得しようと努めました。ところが彼の感情はすでに硬化しており、状況を冷静に考えるゆとりがないように見えました。

「独立が苦しい道でも私は挑戦したいと思います」。彼は男らしくきっぱりと言いました。「そうですか、やってみますか」。彼は結局、独立を選択しました。この分析鑑定のあとに独立を果たしましたが、その前途は予想通りに前途多難なものでした。

独立してすぐに大きな仕事を得る機会を得ましたが、その後は資金的な交渉で行き詰まり、苦しい経営を強いられました。彼の対人的な問題をかかえる心理構造に相応するように現実のビジネスが展開していったのです。ただ望みがなかったわけではありません。数年後に大きな転機があることを運命は告げていました。実際に彼の運命はその数年後には好調な時期に入り、徐々に安定していきました。

ビジネスで大きな成功を遂げるにはその基礎となる実力や才能が必要でしょう。さらにそれを開花させる努力が必要です。ただそれだけでは大きな成功は望めません。さらにそれを軌道に乗せる強い運、言い換えれば「強く柔軟な心理構造」が必要なのです。これらを基礎として運命は展開していきますが、ただ心理構造は時間の流れと共に変化していくので不変というわけではありません。偶然のようにみえた経済界の時代の寵児の突然の転落も、こうした運命構造の中で生じるのです。

現実化する意思が十分に機能している間はマルチな才能が開花し、会社の行く末をみた健全な判断ができるでしょう。ただ運命の周期は不変ではないので時間の流れで変化します。人によって異なりますが、長くても20~30年ですから、そうした安定した周期が過ぎ去れば心理構造に変化が生じ、以前であれば正しく判断できた業況の分析や時代の流れを把握する能力、あるいは周囲の人を魅了する能力にも変化が生じ衰えてくるのです。

ビジネス、それは多くの男性が野心を抱く対象でもあります。戦国の時代と違い、命のやり取りをする戦争はなくなりましたが、それに代わる新たな経済戦争が始まっているのです。それは頭脳戦であり、あらゆる才能、能力、意志力、さらには運の強さが試される舞台です。世界中の多くの人がこの経済戦争に参加しており、さまざまな形でその栄光と挫折を味わっています。

運命の世界は人を競争に駆り立てることによって、そこから人間関係の大切さ、役割を果たすことの重要さ、ビジョンをもつ大切さ、苦しくても諦めない強い心を養っていきます。怠けたがる人の尻を叩き、子供から大人へと人間を成長させていくのです。

私たちはこうした運命構造のなかで成長していきます。ですからビジネスに失敗しても人生は終わりではありませんし、それは新たな舞台の始まりに過ぎないのです。勝者は永遠ではありませんし、敗者も永遠に敗者ではありません。運命は常にその役割を入れ替えて、人にそのエッセンスを学ばせていくのです。

2019年10月15日