運のある人と運のない人の違い

「私は詩人になりたいのです。詩集を出して作家になりたいのです」。開口一番、彼女はそう言いました。十代後半の女の子で端正な顔立ちに清楚な身なりをしていました。しっかりとまとめられた髪が彼女の生まじめな性格を表していました。全体的にどこか日本的で奥ゆかしい雰囲気が漂っていました。「私に詩の才能があるかどうか見てください」。

自分自身にどんな才能があるのかは誰でも気にかかるものです。もし何らの才能があればその分野で成功を収める可能性が高まりますし、反対に才能がなければ最初からその道に進むことを諦めるべきかもしれません。「少し待ってください。才能を調べてみます」。私は彼女の四柱推命の基礎データを読み込んでいきます。才能や能力は人によって大きく異なります。それは人の心理構造がすべて異なるからです。趣味や嗜好性、気質や体質、考え方などはすべて心理構造に反映されます。ですから心理構造を調べれば、その人の才能や能力を知ることができるのです。

彼女の心理構造からそうした創作分野の才能があるかを見ていきました。彼女の心理構造は感情の情動性が強く、それに加えて思考力や創造力を示す自我機能が強く働いています。さらに元素パターンがそうした表現機能を高める性質を持っていることがわかります。総合的にこうしたデータを拾い集めて判断していきます。彼女には十分な創作の才能があるようでした。

「あなたには自分の感性を表現する十分な才能があると思いますよ。創作意欲も充実しており、その道に打ち込むと良いでしょう」。彼女の詩が好きという趣向はこうした潜在的な表現力の強さの現れなのでしょう。感性の豊かな人は自分のこうした潜在的な才能や能力に気づくことがあります。彼女は感性の豊かなタイプであり、その感受性によって自分の才能になんとなく気づいていたようです。「そうですか、良かった」。彼女は安堵した表情で喜んでいました。自分の才能を認められた喜びを隠しきれないようでした。にこやかな表情に変化しています。

「しかしそれはあくまでも素質に過ぎませんよ。素質は磨いてこそ価値が出てくるのであり、磨かなければ錆びてしまいますよ」。私はストレートに言いました。

素質とは潜在的な秘められた能力でしかありません。それは植物の種子の状態にたとえられるでしょう。種子に水を与えて肥料を入れ、日々世話をすることで種子は成長します。放っておけばその種子は枯れてしまうでしょう。才能もこのようなものです。多くの人はいろんな才能を持っていますが、その才能を見出すこともしませんし、それを開花させる努力もしないのです。自分の豊かな才能に気づかずに枯らしてしまう人がなんと多いことでしょう。運命を調べる中でこのような人を何度も見てきました。

「そうですか、わかりました。今は暇を見つけては創作活動をしていますが、これからも努力をしていきたいと思います」。こうした特殊な分野で個性を生かして活動したいと望む人は多いのです。琉球四柱推命の分析鑑定にも歌手になりたいとか、作家になりたいと真剣に考えている人が時々訪れます。そこで潜在意識の心理構造から才能を調べるのですが、単に思い付きでなく、長いことその分野にこだわっている人というのは、ある程度の才能を持つことが多いのです。もし最初から才能がまったくなければ興味すら抱かないのではないでしょうか。

常識的に考えればそうした才能に磨きをかけていく十分な修練が必要でしょう。ただ作家や芸能人や音楽家という人気稼業は、そうした才能や努力に加えてもう一つ重要な要素があるのです。

「先生、才能があってそれなりの努力をすれば必ず成功できますか?」彼女は私のこうした考えを読み取ったのか、的を射た質問をしてきました。「もしあなたがそうした特殊な分野で成功を収めようと思えば、それだけでは十分でありません。才能、努力に加えて強い運というものが必要です」。

多くの人は「運がある」「運がない」というように、「運」という言葉をよく使います。ただその本当の意味を理解してはいません。「運」とはそうした偶然の好機を示すものではないのです。私は長いこと運命の原理を探求してきたわけですが、それが単に観念上の意味ではなく実在的な原理を内包するものであることを知っています。

「運」とは生命エネルギーの周期変化と関って動いている、意識に付随する原理をいうのです。たとえば「運がついている」というとき、それは偶然の好機ではなく、実際に人間の願望を叶えるように生命エネルギーが意識の背後で動いているのです。

そのエネルギーはそれを発する個人の願望や意思を実現させるべく動いており、その人の周囲の人に影響を与え、その人に必要な情報を引き寄せたり、あるいはその人を必要な方向に導いたりしているのです。こうした動きはその人の意思を方向付ける生命エネルギーの力によって為されており、霊感的な能力のある人は実際にこうした力の動きを見ることができます。

またその反対に「運がない」という状態のときは、それと全く反対のことが生じてきます。こうした時期にある人は努力を積み重ねてもそれがなかなか結果につながりません。それどころかその人を失敗する方向に向かわせたり、敵対する人が現れたりします。その人がこうした状態を抜け出そうとしても、意思とは反対の状況が作り出されていくのです。それが「運のない」状態です。こうした状況から抜け出すのは容易ではありません。なぜならそうした原因が外部にあるのではなく、自らの内部にあるからです。私は詩人を目指す彼女にそうした現実があることを伝えました。

「では私の運はどうなっているのですか。これから良くなっていきますか」。彼女が心配するのも無理はありません。こうした人気稼業を目指す誰もが気にかかる部分でしょう。私は彼女の四柱推命基礎データを見ながら、彼女の今後の周期の流れを見ました。「運が良い」という状態は基本的に「活動性のある周期」が巡るかどうかにかかっています。この活動性のある周期が巡ると、現実的な能力が冴えるようになります。凡庸な人でもこうした周期が巡れば成功する人も多いのです。

これを意識の活動周期と呼んでも良いでしょう。こうした状態になれば意識が非常にアクティブな状態になり、様々な成功のアイディアが閃きますし、またそれを現実化させる行程も見てきます。こうした能力の変化に加え、さらに目に見えない次元を動かす神秘的な力も作用するのです。

彼女の四十代の半ば以降にこうした周期が巡っていました。またその活動の周期を妨げる心理構造もないために、その力がストレートに強く作用することが予想されます。「四十代以降に運が非常に良い状態へと変化していくでしょう。その頃に夢や希望が叶うでしょう」。

彼女は目をキラキラと輝かせながら聞いていました。彼女のような運は特殊な事例ではありません。多くの人が生涯に一度くらいはこうした時期が巡るのです。ただしその作用がうまく働く場合と働かない場合があるのは事実です。またこうした周期がその人にとって良い時期に巡らなければ、その価値も半減してしまうでしょう。事実、中には老齢になってからこうした周期が巡る人もいるのです。

「その時期が来れば何もしなくても成功するというわけではありませんよ。成功の度合いは現在のあなたの努力と比例しますよ」。多くの人が運の意味を曲解して自分に都合よく解釈したがる傾向があります。良い運が巡ればすぐに大成功すると思い込んでいる人がたくさんいるのです。けっしてそうではありません。運が良い状態とはその人の潜在力が十分に生かし切れているという状態です。ですから反対に言えばその人が成功への意思もなく、またそのための努力もしていない状態であれば、そうした周期に入っても何も起きないのです。それを本人が心の中から望んでいないわけですから、それも当然でしょう。生命エネルギーはあくまでも個人の意思に沿って動くに過ぎません。その個人が何も望まなければ動きようがないのです。

私は言いました。「あなたにはその時期が巡るまでは多少の試練があるのでしょう。しかしそれを将来のステップと考えて乗り越えていってください」。彼女にはそうした良い時期が巡るまで数十年の試練の時期がありました。その時期は彼女にとっては厳しい時期になるでしょう。特に家庭的な問題が発生することを暗示していました。彼女の運命の中に成功の前に成し遂げればならない試練があるようです。しかし彼女は強い意思でそうした苦しい時期を乗り越えていくでしょう。私はそう確信しました。

 

2019年10月14日