犯罪とカルマの相互作用がある

近年、凶悪な犯罪が急増しています。一昔前では考えられなかったような子供による親殺し、あるいは親による子殺しなど、肉親間での殺人が増えています。一番親しい間柄であるはずの親子関係に、いったい何が生じているのでしょうか。

また若者による巧妙な知能犯的な犯罪も増えています。振り込め詐欺といわれるこの種の犯罪は従来にはなかったタイプの犯罪であり、テレビなどを中心とした多様な文化で育ってきた世代の特徴といえるでしょうか。

こうした犯罪のみならず、通り魔的な犯罪など原因のはっきりとはわからない凶悪な犯罪も増えてきました。一昔前に比べて高学歴社会となり、世間の質的なレベルも向上しているはずなのに、どうしてこうした犯罪が増えてくるのでしょうか。

昔のある学者は犯罪の原因は低学歴にあると考えていました。しかし必ずしもそれだけではないことを現代社会が証明しています。琉球四柱推命でも犯罪者の経歴と心理構造の関わりについて分析してきました。するとこうした犯罪の影には、目に見えない複雑な運命的な背景があることが見えてきたのです。

「なぜ私だけがこんな目に遭うのでしょうか」。犯罪の被害者は異口同音に同じようなことを言います。世間には多くの人がいるのに、なぜ自分だけが悲惨な目に遭わねばならないのか、それは誰でも考える理屈でしょう。

以前に尋ねてきた相談者も同じようなことを言いました。「信頼していたのに裏切られてしまって」。彼は五十歳くらいの男性でした。小さな金融会社を個人で営んでおり、経営は苦しいものの何とか運営できるほどの収入がありました。数人の信頼できる人を雇っていましたが、それが少し甘かったようです。数年前に採用した男性に多額の資金管理を任せていましたが、その人に会社の資金をごっそりと持ち逃げされたのです。

「それから経営は一気に苦しくなりました。それ以来、何とか借金で穴埋めしていますが・・」。男性は深いため息をつくと、眉間にしわを寄せたまま黙ってしまいました。

「そうですか、それは大変でしたね」。私は気落ちしている男性を励ましながらその原因を探っていきました。資金の持ち逃げ、つまり横領ということですが、まさかそのようなものまで運命の流れの中に現れてくるのでしょうか。私は頭の中であれこれと考えながら、男性の四柱推命基礎データを分析していきました。

琉球四柱推命ではこれまでも犯罪の被害者、加害者の運命を調べてきました。その結果わかったのは犯罪の背後には複雑に絡み込んだ運命の因果があるということでした。ただそれが全てではありません。犯罪のすべてが運命的な原因をもつわけではないのです。もし犯罪の全てに運命的な因果関係があるとすれば、犯罪の起点、つまり最初の犯罪は起こりようがないわけです。要するに「鶏が先か卵が先か」の論理と同じです。これらの因果は相互に循環しているのであり、それを輪切りにして説明するのはナンセンスな話なのです。こうした話は論理のパラドックスに陥ります。

私は言いました。「犯罪の被害に遭われたのはいつですか?」。まずはその時期を調べることで運命的な因果を探ることができます。男性は言いました。「去年の〇〇年です。本当に大変な年でした。他にも色々なゴタゴタがありまして」。男性はその一件だけではなく人間関係でも多くの苦労があったと言いました。

その通りならばその事件は単に偶発的なものではないかもしれません。偶発的なものの場合は事件に関しても一過性の単発的なものが多いからです。その反対に何らかの運命的な原因があればそれは単発的なものではなく、この男性のように他にも嫌な出来事が連続して起きやすいのです。

私は彼の言ったその〇〇年を調べていきました。すると予想通りに運命的な原因を持ったものだったのです。「その事件は〇〇年の不和年に発生しています。そうした年に生じる出来事はあなたの過去の運命に関わる何らかの原因が存在することがほとんどです」。男性は私の予想もしない発言に驚いたようです。上気した顔は赤みを帯びて怒りを含んだ声で言いました。「私に原因があるというのですか。たしかにその人に資金管理を任せたのは大きな間違いだったことは認めます。しかし・・」。いかなる被害者もその原因の一端はあなたにもあると言われれば憤慨するのは当然かもしれません。しかしこれはカルマの法則的な反射作用の一つなのです。私は言いました。

「その原因はあなたの過去に必ずあります。あなたはそれを覚えていなくてもその原因がどこかにあるのです」。男性は少し興奮した様子でした。自分は被害者なのに、なぜ自分の責任を問われるのか、そんなバカな話があるものかと考えているのでしょう。眉間にしわを寄せて不機嫌そうに下を向いていました。

私は男性の四柱推命基礎データをさらに分析しながら原因を探っていきました。不和年というのは基本的にその人の潜在記憶にあるカルマを発動させます。ですから男性の〇〇年に生じた現象は、そうした背景を持つことになります。もしその年にネガティブな現象が生じれば、それは心の深層にあるカルマが発動し、それに沿う現象を生じさせるのです。

ただそれは意味のないものではありません。それは男性自身の心を軽くするためにも必要な現象であり、もしこうした負の記憶の解放という現象がなければ、その男性は病気や事故などの別の形でそれを現象化させてしまうことにもなるのです。

「あなたの内部にある心の影がその〇〇年に現象化してきたようです。それがあなたの運命を悪くする元凶なので、あなたはむしろその解放という現象を喜ぶべきでしょう」。

私が言うと、男性は驚くよりも呆れた表情を見せました。犯罪の被害者にその事件を喜びなさいというほうに無理があるのは当然です。しかし男性の運命はその事件によってこれまでの重たい心の負債を軽くし、実際に良い方向に向かい始めたのです。

ネガティブな深層心理を解放せずにそのまま持ち続けると、将来はがん細胞のように増殖していくことがあります。自分のストレスを極限まで溜め込み増殖させ、ついには社会の人々を震撼させるような凶悪な犯罪者はこの典型例といえます。

初期の心の歪みは小さなものです。それは癌の芽にたとえられるでしょう。癌の芽は初期段階で対策を施すことで治療をすることができます。これと同じように心の病気にもまったく同様な原理があるのです。

多くの人々も様々な理由から心の歪みを持つものです。ただ普通の人は健全な方法によってそれを解消していきます。たとえば趣味に熱中したり、好きな食べ物を食べたり、友人と楽しく過ごしたりします。ところが世の中にはすごく不器用な人がいて、そうしたストレスを上手に解消できない人がいるのです。こうした人は溜まるストレスをどんどん増殖させ、最後には自分でも制御できないほどに大きくしてしまうのです。

もしその人が自己抑圧的な性格であれば、病気や事件などで自分自身を殺してしまうでしょう。それが自分に甘い自己本位な人であれば、その対象は周囲の人に向けられるでしょう。心の中にある歪曲した心理がどんどん溜まっていくことで、不和年が巡る時に大爆発をすることになります。

これは人の心理構造が自動的に起こす現象なので、自分の意思で止められるものではありません。なぜならその原因となるものがすでに形成されており、その不和時期に見るのはこれまでの結果にすぎないからです。満杯になった風船から吹き出すガスのように、こうした不和年には次から次へとトラブルが続発します。こうした心の原理を知らない人は、それを何かの祟りだと思うかもしれません。ただそれは祟りなどではなく、自らの心の奥底から湧き出てくる過去の負の記憶なのです。

具体的には過去に経験した周囲の人への怒りや恨み、悲しみなのです。これらの負の記憶はその性質ゆえに人前で出すことができず、心の奥底にため込んでいきます。しかし人間の持つ心理構造はどんな嘘も付けないように、そうした負の記憶を表に現象化させる構造を持つのです。

時間で動く心の周期リズムを持つことで、こうした心の奥底に溜め込んだマイナスの想念を表に出していきます。それは年単位だけではなく月単位、日単位、時間単位にも存在し、人間の心理構造と相応してみごとに機能しているのです。私は男性にこうした運命の原理があることを詳細に説明しました。

「うーん、そんな世界があるのですか」。男性はこうした世界の存在をすぐには信じられないという感じでした。私は彼の心理構造をみてさらに確信を持ちました。彼の心理構造は実に驚嘆すべきものだったのです。

彼の関心のすべてが金銭的な貪欲さに向けられていました。彼は自我意識の強い人であり、非常に見栄っ張りな性格でした。またそうした性格とは裏腹に金銭に対する感覚はとても細かく、常に自分が損をしないように計算するタイプの人でした。それは一般的な心理バランスからするとかけ離れたものであり、彼自身はそうした人生に何の疑問も持たずに歩んできたのでしょう。

そうした彼の歪んだ生き方が彼の心理を重たいものにしていました。現実の彼は金銭のことばかり考えていましたが、深層心理の中ではそうした自分を相当嫌っていたのかもしれません。それが今回の事件を引き起こした可能性も否定できないのです。

彼は自分の目の前から金銭をなくすことで自分の健全な心を回復させようと目論んだのではないでしょうか。それが彼の人間らしい心を復活させる唯一の荒療治だったのかもしれません。彼の運命の底部にある深層心理はそのことをよく知っており、横領という大規模な事件を引き起こすことで彼の心眼を開かせようとしたのでしょう。

金銭にしか関心のない彼にとっては相当にショックな出来事だったのでしょう。しかし今回の事件は彼の新しい転機になるのです。運命は歯車を変えて新しく回りつつありました。むろん彼はそうした現実を知りません。彼はいまだに被害者意識を引きずっており、自分を裏切った部下を憎んでいました。ただすぐにはこうした運命を理解できなくても、未来にはこうした運命の事実も理解していくことでしょう。

犯罪ーそれは忌むべきものであり憎むべき存在です。ただそうした犯罪の中にも何か深い理由があるようです。それは人間の理解を超えており、その本当の原因は深層心理の中でしか理解できないこともあるようです。忌むべき犯罪がこのようなものであるならば、私たちは自らの心の中を覗き込んでその本当の原因を探らねばなりません。こうしたプロセスを経ることで犯罪に対する私たち人間の考え方はコペルニクス的な転回を生じさせるかもしれません。

 

2019年10月21日