先祖崇拝の考え方とは

先祖崇拝ー沖縄では非常に盛んに行われてる伝統的な風習です。お正月やお盆には親戚が一堂に集まり仏壇の前で手を合わす、そんな光景をどこでも見ることができます。沖縄に生まれた人はそれが幼少期から行われているために何の疑問も感じません。なぜ先祖を崇拝するのか、どうして仏壇の前で祈るか、その答えはすぐには出てきません。

私も運命を研究するという仕事柄、よく先祖崇拝のことを尋ねられますが、そうしたことは「あくまで個人の裁量でやるべきです」と答えています。大切なのは先祖を敬う敬虔な心であり、家族の安泰を願う心なのです。そうした基本を踏まえていれば細かな儀式にこだわる必要はありません。では、この先祖崇拝の背後には何があるのか、それが私たちの運命をどのように左右しているのか少し考えてみましょう。

この間、ある主婦が訪ねてきました。五十代くらいの年齢です。白髪交じりの髪にどこか生気のない顔、外見を見ても何か悩み事があるように見えました。「最近、家族の仲がうまくいかなくて・・・。以前は仲良く暮らしていたのですが、何か原因があるのでしょうか」。

こうした家族の悩みはこの女性の年齢では多いものです。子供のことや夫のこと、両親のことなど家族間の人間関係を保つことは家庭の主婦の肩にかかっているからです。また五十代という年齢はそうした家族間の問題が一番大きくなる時期でもあるのです。子供の進学や就職の問題、夫との不仲、両親の介護など家族に対する悩み事は尽きません。そうした家族の悩みを抱えた五十台前後の女性が琉球四柱推命にもよく相談に来るのです。

「まずは時期的な流れから見ていきましょう。以前と違う場合、そのほとんどの原因が運命の周期的な変化にあります」。この女性は家族の仲が急に悪くなった原因をあちらこちらと探し求めていました。以前は何の問題もなかった家族がどうしてこんなに揉めるようになったのか不思議に思っているようです。

このような運命パターンはほとんどが運命の周期変化によるものです。四柱推命での大きな運命周期は約10年ごとに変化していきます。周期の変化は人間の深層心理を変化させて違う人格を作り出します。以前はおとなしかった人物が急に気難しい人になったり、生まじめな人が不良っぽくなったりします。また反対に粗暴だった人が急に優しくなることもあります。こうした人格の変化は大きくは10~20年ごとに生じていくのです。ですから人格が生涯にわたり変わらないと考えるのは私たちの思い込みにすぎないのです。この女性の場合もやはりこのような運命パターンに入っていました。私はこの女性にそうした運命の構造があることを説明しました。

「家族が急に揉めるようになったのはやはり運命の周期変化にあるようです。以前の家族は平穏な運気にありましたが、現在は厳しい周期に入っています。それが家族が急に揉めるようになった直接的な原因です」。「そうですか」。この女性は一応肯きはしたものの、半信半疑という感じでした。この女性には先入観があり、それが彼女の理解を妨げていたのです。「先生、すみませんが私にそのような難しい運命の話はわかりません。しかも先生の話は私がこれまで聞いてきた話とはあまりにも違います」。

この女性は熱心な先祖崇拝の信者でした。人の運命は自分の意思ではなく先祖の意向によって決められていると考えているようでした。つまり幸福も不幸も自分で決めるものではなく、先祖や神々の世界で取り決められている、彼女は真剣にそう考えていました。その考え方に従って彼女は先祖崇拝に関することをいろいろとやってきたようです。ここ沖縄では彼女のような人はごく一般的でしょう。先祖崇拝の盛んな沖縄ではこうした宗教的な素地があり、それが当然のように考えられているのです。

「こうした運命の話がすぐに信じられないのは無理もありません。しかしこれには長年にわたる運命研究の裏付けがありますので、いい加減なものではありませんよ」。運命は個人の原因で作られるー私にはそうした確信があります。それは数万人の運命を検証して得た結論です。事実、いろんな人の運命を予測して高い確率で的中させてきたということでも証明できるのです。ですから琉球四柱推命では自信をもってこのような内容を説明できるのです。

「運命とは基本的に個人の心が作り出していくものです。たとえば同じ親が育てた兄弟でも性格が全然違うことがわかると思います。人には生まれた時から一人一人に運命があるということなのです」。運命は一人ひとり異なるものーそれが運命の基本です。そして運命は自分自身で作り出していくものです。こうした運命を構造的に作り出す自然界の原理があり、人はすべてこうした法則の下に生かされている存在なのです。現代人が考えるように遺伝子や環境だけから運命が作られるわけではありません。私は女性にこうした運命の世界があることを説明していきました。

「うーん、そうですか。たしかにそのようなことがあるのかもしれませんね。だから先祖のことを一生懸命やっても何も変わらなかったのですね」。この女性は先祖崇拝を熱心に行っていました。その時期はちょうど家族にもめ事が始まった時期と重なっており、不安の代償として先祖崇拝を一生懸命続けてきたのです。

しかしそれでは何も変わりませんでした。もし不幸の原因が先祖にあれば何か劇的な変化が起きていたのかもしれません。私がこれまで見てきた不幸の原因はその多くが個人の運命の構造そのものにあり、先祖とは直接関係ありませんでした。もし先祖のことで不幸が生じるのであれば琉球四柱推命の予測はほとんど外れてしまうでしょう。なぜなら先祖の意思は誰も読めないからです。

「では先生、先祖崇拝は何の意味もないのですか?」女性はどこか悲しそうな表情でそう聞きました。自らのやってきたことを無駄にしたくない、そうした強い想いがあるのでしょう。「もちろん無駄ではありませんよ。先祖であれ何か信仰するというのは大事なことです。間違っていけないのはすべて先祖への祈りだけで解決できると考えることです。祈りよりも先に実際に行動して問題を解決する、家族であれば親睦を図るように努力するのが先です。祈りはそれに対する補助的なものとして考えたらよいでしょう」。

先祖崇拝で家族の問題ごとを解決できると女性は真剣に考えていました。ご先祖様は彼女のそうした態度を受け入れはしないでしょう。なぜならそれが自己本位な願いであることをご先祖様は知っているからです。先祖に願い事をする前にしなければならないことがあります。それは人として与えられた意思と知恵をしぼって懸命に努力する姿勢です。家族が不和であるならばその原因がどこからくるのか、まずそれを懸命に考えればよいのです。そしてその原因を取り除く努力をしていけばよいのです。必要であれば周囲の手を借りるのも許されるでしょう。そうした懸命の努力をしたうえでの願い事であれば、それはご先祖に受け入れてもらえるでしょう。

「そうですか。そもそも私の中に自分のことばかり考える都合の良い考え方があったのですね。なんとなく理解できます・・・」。女性は言いました。これまでの態度が間違っていたことにようやく気付きはじめたようです。

辛いときに誰かに頼る気持ちは理解できます。ただそれが現実から目を背ける行為であったとしたら、それは何の解決にもなりません。大事なことは問題を解決していく姿勢であり、そこから逃げない態度なのです。「では私はこれから運命を良くするために何をしていったら良いのですか。先祖崇拝は止めるべきですか」。

私は言いました。「先祖崇拝をすぐに止める必要はありません。それがあなたの心を落ち着かせる宗教的な信仰の代わりになっているからです。しかしそればかりに頼ろうとする心はすぐにでも直さねばならないでしょう」。

女性は静かに肯きました。彼女の心の中に運命を見直してみようという意思が芽生え始めていました。そこに気づけば未来にむかって彼女の運命は軌道修正していくでしょう。

ただ彼女がそのことに気づいても、すぐに運命が変わるわけではありません。なぜなら彼女が現在見ている運命は彼女が過去に作り出したものだからです。運命の世界には大きな周期性があり、現在作り出した原因が未来の結果を生じさせます。反対に考えれば、現在の運命は過去の行為から作られているのです。ですから人がすぐに運命を変えようと意図してもすぐには変えられないのです。しかし変える意思を持った時点で人の未来の運命は少しずつ変化を始めているのです。人がそれを現実のものとして実感するのはしばらく先になるでしょう。

「今日はいろいろとありがとうございました。本当に勉強になりました。これから自分なりに考えていろいろとやってみます」。彼女は帰り際にそう言いました。これまで先祖崇拝一辺倒だった彼女の頭の中に新しいビジョンが出現したのです。彼女は自分なりに人生を模索していく、そう言いました。それが大事なことなのです。

「これでなければならない」「こうしなければならない」という固定されたビジョンは運命を誤った方向に向かわせることになります。世界中で起きている宗教や人種、国家などの争いもこうした価値観があるように思われます。しかし運命の世界はもっと柔軟であり、様々な価値観や考え方があることを私たちに知らせてくれます。

先祖崇拝ーそれは先祖を敬いその加護を願うという点では有効な方法でしょう。しかしそれが唯一の宗教のようになり、それが人の人生を支配するときに運命は誤った方向に向かいます。運命を作り出す本体は自分自身の心であり、それはとてつもなく大きな運命法則の中で生かされています。人はその中に在って人生の喜び、悲哀を経験しながら互いに成長していく存在なのです。運命の世界は時に人の成長を助け、ときには厳しく矯正しながら私たち人間を育てていきます。運命がこのようなものであるならば、私たち人間はもっと肩の力を抜いて生き方そのものを自然なものにしていかねばならないのでしょう。

 

2019年10月10日