引きこもりという試練

以前、中年のご夫妻が琉球四柱推命の分析鑑定を受けに来ました。二人とも五十代くらいでしょうか。現在、夫婦共働きで生活しており、娘が一人いるとのことです。相談はその娘さんのことでした。娘は二十代ですがこれまで仕事をしたことがなく、学校を中退して以来、何年も引きこもりをしているとのことでした。統合失調症の兆候があるらしく、病院に通院しているとのこと。

「娘の運命はどうなっているのでしょうか。なぜ何年も家に引きこもるのでしょうか。娘の将来が心配です」。娘さんの四柱推命基礎データから彼女の心理構造をみてみます。全体的にはおとなしい感じの性格です。生真面目なタイプであり、一見しただけでは引きこもりをするようには見えません。

「娘さんが引きこもりを始めたのはいつごろですか。彼女はまじめな性格であり、何の原因もなく引きこもりになるとは思えませんが・・」。すぐに反応したのは母親のほうでした。気丈そうな人であり、優しそうな父親と違って、はきはきと物を言うタイプの女性です。「たしかに娘はとてもまじめな性格です。引きこもりをはじめたのは高校二年生頃からです。学校にも問い合わせをしましたが、はっきりとした原因はわかりませんでした」。

高校二年生といえば多感な年ごろです。この時期の状態を知るために娘さんの運命周期の流れを読み込んでいきました。娘さんの性格は一見するとおとなしい感じですが、潜在意識の内面には非常に強い性格が眠っています。その強い性格がちょうど高校二年生頃に意識の上に浮上してきていました。この潜在的な強い性格が意識の上に浮上してくると、日常生活を営む理性の機能が衰弱して常識的な考え方や規則正しい生活ができなくなります。学生であれば毎日の学校生活がとてもストレスに感じることでしょう。

「引きこもりの直接的な原因は彼女の潜在的な強い性格にあります。非常に強い感情が日常の生活を困難にしています」。おそらくその夫婦は私の話を理解したようです。その当時の娘の変化をつぶさに見ているわけですから、話の内容が理解しやすかったのかもしれません。「たしかに先生のおっしゃる通り、その頃を境に娘の性格は変わりました。以前はおとなしい性格だったのに、とても神経質で怖い感じに変わりました。なぜ急に性格が変わったのでしょうか」。

多くの人は人間の性格は生まれたときの環境や遺伝子で決まっており、生涯変わらないものだと考えています。ところがそうした事実はどこにもありません。それは単に先入観に過ぎないのです。人間の一生を詳細に観察すれば、人間の性格は時間の流れと共に変化していくことが理解できるでしょう。それは人間の運命の基礎を作り出す構造であり、どんな人もこうした運命の構造から逃れることはできないのです。

「お母さん、人間の運命は時間の変化と共に変わっていくものです。それは性格や気質、体質なども例外ではありません。もともと娘さんの性格の内面には気難しい性格がありました。それがその時期に現象化してきたのです」。

その娘さんが引きこもりになったのは内面にある気難しい感情的な性格が浮上してきたために、社会に溶け込めなくなったのでした。その気難しい性格は彼女の前世に起因する性格であり、こうした負の性格が彼女の運命を厳しいものにしていました。彼女の理性機能は一時的にマヒしており、そのために社会に順応できなくなったのです。それは一時的な現象ですから時間の巡りで解消していくものです。しかしこうした法則を知らない親御さんにとっては深刻な問題です。なぜ自分の娘だけが引きこもりになり社会に出ていけないのか、もどかしさは積もるばかりです。

「先生、娘のことはわかりました。では、私たち親としては何をすればよいのでしょうか」。このような質問は家族としては当然のことでしょう。実際に似たような境遇にある家族から、ほとんど同じようなこうした質問を受けるのです。こうした家族の問題は簡単ではありません。人は家族という存在と深く結びついており、その因果関係は非常に複雑な要素によって構成されているのです。

この家族の場合は娘のこうした運命的な境遇に相応するようにして、ご両親の運命も何らかの深い意味を持っていたのです。私はまず父親のほうの四柱推命基礎データに目を通しました。するとあることに気づきました。その娘の運命に相応するようにして、その父親の運命も大きく変化していたのです。父親の運命に子供に関する愛情的な問題が発生する暗示が出ていました。つまりその娘さんの心身の不調には父親にも関係する秘められた意味が存在することを表しているのです。

では母親のほうはどうでしょうか。母親のほうにも愛情的なトラブルが発生する暗示が出ています。時期も同じような時期に重なりあっていました。どうやら娘の問題は彼女一人だけの問題だけではなく、両親の運命とも深く関わり合っていると解釈せねばなりません。その直接的な原因を生年月日時の心理構造から探るには限界があります。というよりもその直接的な原因は見えるものではありません。

それは犯罪行為を立証する過程に似ているでしょう。犯罪行為を直接見ることはほとんど稀です。その多くは現場に残された状況証拠や犯人の動機から推測していくものです。多くの物的な証拠を積み上げ、論理的に検証していきます。証拠や論理が固まるってくると、実際には目撃していない犯罪でもありありとその状況を正確に再現することができます。運命の背後にある因果関係を知ることもそうした行為に似ているでしょう。

心理構造の分析やそのときの時期的な変化の状況を総合的に判断して、運命の背後にある因果関係を解き明かしていきます。それは運命を知るうえで非常に重要なものになります。なぜなら多くの人が自分や周囲の人の運命を曲解して解釈しているからです。正しい運命の意味を知れば、それが運命を好転させていく材料になるのです。

「娘さんの問題は彼女一人のものではないようです」。私は心理構造から分析して推測した結果をご両親に伝えました。このような意味を一度で理解するには困難があります。それはそうした概念が事前に形成されていないからです。運命は環境的なものや遺伝的な要素によって作られると多くの人は考えています。ただ運命の研究を通してわかったのは、そうした考え方がただの先入観に過ぎないということでした。

「私たち夫婦が何か悪いことしたのでしょうか」。父親の心理構造をみると非常に温厚な優しい人であり、彼が他人に対して何か悪いことをするようには見えません。父親の四柱推命基礎データを見ているうちにあることに気づきました。優しさの反動で男性的な強さが欠けていました。それは父親の相貌にも出ていました。非常に穏やかで優しそうな表情ですが、どこか男性的な資質に欠けているのです。その原因らしきものがうっすらと見えてきました。

「お父さん、あなたが娘さんに対して直接に何かをしたというわけではないと思います。ただご両親二人ともその苦しい運命のプロセスを通して何か学ぶことがあるようです」。

父親のほうは優しい性格でしたが、その繊細さがか弱い脆弱な人生を形成していました。彼は異性の中に母親の偶像を見ており、彼の関心はその方向ばかりに向かっていました。その影響で子供に対する関心は薄くなっており、もしこうした娘の事件がなければ、彼がこうした問題に目を向けることはなかったでしょう。それは彼にとっては偶像から引き離すための試練だったのです。それを知らない彼にとっては愛着するものから引き離される苦しいプロセスだったのかもしれません。実際に母親のほうは娘の引きこもり以来、人が変わったようになり、夫である彼に対しても冷淡になったのでした。

母親のほうにも娘と関わる原因が存在しました。彼女は生来かなり享楽的な人であり、人の苦痛や痛みに目を向けることの少ない、度の過ぎたポジティブな人でした。そうした性格が現実を歪めていったのでしょう。娘の一件はそうした彼女の性格を矯正するにはまたとない機会でもあったのです。彼女はもともと愛情深い性格でもあり、娘のことであれば必ず親身になって面倒を見るでしょう。両親二人の運命は娘の運命とシンクロして互いに苦しみながらも、共に成長していく構造になっていたのです。

運命の世界はこうした家族の運命を見事にシンクロさせて整合化していきます。これまでに何度このような不思議な運命を見てきたことでしょうか。それは実際に何度見ても驚きの連続です。自然の法は人間の心理構造と深く絡み合いながら、人の運命の軌跡を生み出していきます。それは人間の理解をはるかに超えており、私たちは逃れようもないこの世界でもがき苦しみながら自らを成長させていくのでしょう。

 

 

2019年10月05日