離婚の原因を分析鑑定する

離婚、それは多くの人にとって非常につらい選択です。誰だって結婚するときは幸福な家庭を想像するでしょう。しかし仕事や家事などの日常生活に追われるうちに、最初は親密だった二人の間に気持ちのずれが生じてきます。

その亀裂にすぐに気づいて関係を修復しようと努力する二人に離婚は生じません。離婚する多くの夫婦がそのことに気づきながらもそれを修復する努力を怠り、小さな亀裂をどんどん大きくしてしまった結果なのです。

離婚の原因は一概にいえるものではありません。琉球四柱推命の相談にも多くの離婚相談が寄せられます。そして離婚相談に訪れる人の多くが女性なのです。「もうあの人とはやっていけません。私とあの人はやはり相性が悪いのでしょうか」。離婚相談をする女性の多くが同じようなことを言います。そこで二人の相性を調べるのですが、本当に相性の悪い人は実は稀なのです。

「では離婚の原因は何ですか」と多くの人は疑問に思うでしょう。実は男女それぞれに離婚の原因を深層心理の中に秘めていることが多いのです。

たとえば女性の場合でいえば、四柱推命でいうところの「傷官」という作用です。これは無意識の中で「自己防衛本能」を司っています。ですからこの傷官の作用を生まれつき強くもつ女性は、生来プライドが高く高潔な性格ですが、その反動として細かい点にまで神経質で常に怒りがわきやすく、またその怒りを外に出してしまう、つまり言葉できつい表現をするという特徴があります。この傷官が強く作用している女性は、そもそも離婚しやすい運命を持っているということになるでしょう。

男性の場合の離婚の原因は「劫財」という作用です。これは自由奔放さを示し、お金や時間など規則に縛られず、気の向くまま遊び散財する「劫財」という作用があります。この劫財が強く作用する人は生まれつきお金遣いが荒く、また自由を愛する性格なので家庭や会社の規則に縛られることを嫌います。男性でこの劫財の強く作用する人はそもそもが家庭を維持することが苦手で、結婚生活にも不向きともいえるでしょう。

ほかにも離婚の原因はありますが、これらの作用を持たない人でも運気の巡りの中で傷官や劫財が巡りますので、この作用が強くなる時期は離婚の危険性が高くなる時期といえます。

これは深層心理の中における作用なので、それを自分自身が意識して理解していれば、これらの作用をある程度コントロールすることができます。ですが、まったく無自覚の場合は多くの場合、その本能に同調して自分ではなく相手に喧嘩の原因を見つけて攻撃するものです。

離婚に至る場合は最初、口論として始まります。実は傷官や劫財の本能が激しくその人を突き動かしているのですが、本人には自覚がありません。悪いのは一方的に相手だと思い込んでいます。喧嘩の原因は実に些細なことです。相手の言葉使いが悪いとか、態度が悪いとか、普段ならたいして気にもかけないようなことでしょう。しかしこの傷官や劫財の本能が絡んでくると、火種に空気を送るように火が急激に拡大していくのです。周期の巡りが悪くなる場合、それが一気に悪化することがあります。

そしてついに自分でも制御できない怒りに支配されます。こうした状態になれば情け容赦ない言葉で徹底的に相手を攻撃します。こうした本能に支配された人は自分自身の置かれている状況を客観的に見ることができません。相手が去ったあとに「私、何か悪いことをしたのでしょうか」と言います。ただ修復できないほど気持ちを傷つけられた相手は二度と戻ってはこないでしょう。

こうした状態に至れば離婚となるのです。これを防ぐには自分の内面心理に作用する傷官の攻撃性や、劫財のもつ責任感のなさを自覚する必要があります。四柱推命ではこれらの本能の作用が強まる時期があらかじめわかるので、事前に意識してこの火種を拡大させないように気を付けることができます。要するに「火事」が拡大する原因を知っているのですから、その火を消化することも難しくはないのです。

琉球四柱推命では正確な分析鑑定によって夫婦のこうした危険な時期をあらかじめ知ることができます。夫婦の間に亀裂を作る台風がやってくることが事前にわかれば、いろんな対策を施すことができます。

たとえばこの時期が1年間あったとします。この間は常に火種がついているので、これを拡大させないような言葉遣い、態度、行動に気を付けることができます。相手がそうした状態ならば1年間は喧嘩を避けるように生活習慣を工夫するとよいでしょう。自分自身がそうした状態ならばより自覚することで喧嘩を避けることができます。こうして1年をやり過ごせば嵐の時期は過ぎ去るのです。

こうした運命の法則を知らないために、たった1年間で火種を拡大させて修復できないほどの火事を起こす夫婦がいます。たいては相手との相性が悪いものと勘違いしていますが、多くの場合はこのような本能に支配された結果であることが多いのです。

しかし壊してしまった過去は取り戻せません。ただ大事なことは二度と同じ過ちを繰り返してはいけないということでしょう。離婚という苦渋の決断も、大きな運命の世界からみれば必ずしも否定的なものではなく、結果的にはその人を大きく成長させてくれる運命の試練なのかもしれません。

 

 

2019年09月20日