家族と運命のシンクロ現象

琉球四柱推命の長年の研究で発見した面白い運命の法則があります。それは「家族の運命はシンクロする」という現象です。実に不思議ですが、家族一人ひとりの運命を調べていくと、信じられないくらい家族の運命の流れが符合しているのです。つまり運気の良い時期や悪い時期が家族全員にピタリと重なるのです。

ただ単に数学的な確率でいえば、一人ひとりの運命の流れがピタリと符合することはありません。運命の研究を始めたころはこのような法則を理解できず、運命は個人一人だけに存在するものだと思い込んでいました。ですが運命分析を通していろんな家族の運命を見ていくうちに、家族が共通して持っている運命の不思議な一致に気づいたのです。

科学的に考えれば血のつながった家族というのは似た遺伝子を持つわけですから、似たような気質や性格が出てくるのは当然でしょう。ただ遺伝子では家族の運命のシンクロという謎は説明できません。私も当初はこの理由を見出すのに苦労しました。ただ事実としてそうしたことが観測できるのですから、謙虚に受け止めて理由を見つける必要があります。そうでなければ家族の不幸も「祟り」だとか「先祖の悪業」だとか「家屋の出来が悪いから」となってしまうのです。

たしかに家族全員にいっせいに悪い出来事が起き始めると、運命の流れが生まれつき決まっている運命の法則を誰も知らないわけですから、「祟り」だとか「家が悪い」とか考えだすのでしょう。しかし運命の流れというのは家族全員の運命の流れとしてあらかじめ決まっているのです。そのように考えなければ家族一人ひとりの生年月日の中にこのような運命の流れが一致するという現象が現れてくることはありません。

こうした家族の運命の流れは家族全員の生年月日を詳細に分析して比較すれば、かなり前から予測できるのです。そして実際にこの時期がやってくると、その家族には様々な不幸が出現してきます。それは病気であったり事故であったり、事件であったりします。特に家族の中でも一番運気の悪い人に集中して現れてきます。

ただこうした突然の現象はその当事者である家族でさえ理解できない現象です。たいていの人は何かの祟りだと勘違いしてお祓いをしたり、宗教団体を頼ったりしますが、当然、それで収まるわけもありません。それは家族が持つ運命であり、それが不調和をもたらす時期に来たことが原因なのですから、もちろんお祓いなどで治すことはできないのです。

では家族のこうした苦しい時期はどのように乗り越えたらよいのでしょうか。一番大事なことは家族に起きている現象を冷静に見つめるという視点です。琉球四柱推命の相談でもこうした事例を何度も見ますが、決まって聞くのは「何とかならないのですか。すぐに変える良い方法はないのですか」というものです。

そこには「何でも良いから助けてほしい」という想いが伝わってきます。相談では「私たち家族が何か悪いことをしたのでしょうか」と聞かれるのが通例です。そんなときは「いや、あなたの家族が何か悪いことをしたということではありません。ただこれは家族の中でしか処理できない問題なのです。はっきりしているのは、あなたの家族は一致協力して現在の運命を乗り越えねばならないということです」と答えています。

現在のつらい気持ちはわかりますが、実際にその家族を救うことができるのはその家族自身しかありません。家族は運命共同体のようなものです。それは同じ船に乗る人々に例えることができるでしょう。家族一人ひとりは船員のようなものです。その船が嵐にあって遭難しかけたときに大事なことは、一致協力してその船を遭難から救うことです。それはそこにいるメンバーでしかできません。

家族の不幸を救えるのは宗教の教祖でもなく神社の神でもありません。家族の不幸を本当に救えるのは家族自身なのです。運命の神は家族にそうした苦難を与え、家族一人一人がそうした危機において自己の正しい役割を果たせるのかを観察しているのかもしれません。こうした家族の危機において正しく役割を果たせなかった人は、未来において再び同じような運命の試練を与えられるのではないでしょうか。

家族における不幸の原因はその家族が全体として共有しなければならない負の遺産といえるものです。その責任は家族一人一人が背負っており、その原因もまた家族全員に共有しているわけですから、一人一人が真摯に対応していかねばなりません。家族がこうした危機を乗り越えて本当の意味での自己犠牲を確立するとき、家族の不幸という現象は去っていくでしょう。

それは家族全体の心の影として生じた負の現象であって、何ら実体のないものです。ですから家族がその運命のこうしたプロセスに気づけば、その影はじょじょに解体していくのです。そして家族にはまた平穏な時期が戻ってきます。

しかしある家族はこうした危機を乗り越えられずに一家離散という悲劇をまねくこともあります。それは船が遭難したとき、船員が協力せずに互いを非難し、ばらばらの行為を行ったときに生じる悲劇みたいなものでしょう。

運命の神がいるとすれば、家族のこうした非協力的な態度がもたらす結末をすべて承知のはずであり、こうした家族には未来において再び同じような試練を与えることでしょう。その反対に大きな試練を乗り越えた家族にはそれ以前には存在しなかった深い絆が生まれ、その絆が家族の縁をさらに深いものにし、人間の特性を発達させてその心をさらに豊かなものにしていくのです。家族とは幸福も不幸もともに分かち合う存在であり、人間はその中においてこそ本当の成長をとげることができるのでしょう。

2019年09月18日