四柱推命でみる仕事の選び方

琉球四柱推命の相談でも多いのが仕事に関する悩みです。特に男性の場合はほとんどが仕事に関する相談といっても過言ではないでしょう。「今の仕事がほとほと嫌になりました。もう二度とその職場には戻りたくない」。深刻な仕事の悩みを抱えた男性がやってきました。年のころは四十代の半ばといった感じでしょうか。最近は時代の影響からでしょう、若い人のみならずかなり年配の方でも仕事の相談でやってきます。

男性の仕事の悩みはほとんどが次のような内容です。「私は今の仕事が嫌なのです。私にあう何か別の仕事はないのでしょうか」。実際問題として年齢がいってから別の仕事に変えるというのは大変なことです。しかしそんなことは当人もわかっており、よほどそうしなければならない事情があるのでしょう。これまで辛抱してきたことが限界に達しているのです。

「わかりました。あなたに合う選択肢を探してみましょう。」私はそう言うと四柱推命の基礎データに目を通します。なるほど、この相談者の場合はここ数年はかなり厳しい時期が続いており、メンタルグラフもかなり下がっています。ここまでメンタルが下がってしまうと仕事がきつく感じるのも当然でしょう。

メンタルグラフはその人の心理エネルギーの充実度を示す指標ですから、このグラフが下がると気力の低下が生じ、またそのために能力や生きる力も弱まります。この男性は特にここ数年はメンタルグラフの下がり方が大きいようでした。

「現在、ここ数年は厳しい時期が続いているようですね。このような時期は仕事などもきつく感じるものです。ただこうした時期はもうすぐ抜けるので、それまでもうひと頑張りしては如何ですか。」男性は渋い顔をして聞いていました。仕事の不調の原因は必ずしもその仕事が自分に合っていないということだけではありません。たとえ自分にあう仕事に就いても、周期的な巡りによって気力や体力、能力などが一時的に弱り、不調に陥る場合もあるのです。

こうした周期的な原因は誰にでもある現象ですから、どんな人でもこうした経験をするものです。しかしこの男性の場合はさらに別の原因もありました。「でも今の仕事はやっぱり限界なのです。前からこの仕事は自分にあわないと思ってきました。もう限界です。」たしかにこれは時期的なものだけではないのかもしれません。私は再度、男性の四柱推命基礎データに目を通してみました。

一つの疑問が浮かびました。もし男性がこの仕事に合っていないとすれば、どうしてこの男性はこの仕事を数十年も続けれこられたのでしょうか。もし本当に合わない仕事であれば十年も続かないはずです。聞けば、この男性は二十代からこの仕事をやっているといいます。釈然としない思いに駆られながらもその原因を探っていきました。すると彼の二十代と三十代の二十年間にわたって周期の影響がこの仕事の内容に合致していたことに気づきました。

「なるほどわかりました。たしかにこの仕事は本来の性格には合わないようですね。別の選択肢を探してみましょう」。男性の四柱推命の基礎心理グラフをみると、もともとはこの仕事に適さない性格であることが判明しました。しかし二十年間にわたる周期の影響によって彼の才能の足りない部分が補足され、そのためにこの仕事を続けてこられたのです。その長い周期も今や過ぎ去ろうとしていました。ですから彼は急にこの仕事がきつく感じるようになったのです。

私は彼の四柱推命の基礎心理グラフと命式を参考にして、彼の能力、性格、気質、対人傾向などの適性を考慮して、彼の個性にもっとも合致した仕事を推薦しました。

職業といっても実際には何百という種類があります。その中から自分にピタリと合う仕事を見つけるのは至難の業でしょう。たいていの人がその場の成り行きで仕事を選んでいます。それがその人の個性に合っていれば問題はありませんが、だいぶ後になってその仕事が自分に合わないとわかったときは大変です。実際にこうした人は大勢いるのです。

職業を選ぶ際は、そのときの思いだけで決めるのではなく、将来設計や自分の本来の適性に合っているかを見極めることが大事です。最近になっていろんなところで行われている適性テストなども有効でしょう。ただ気を付けないといけないのは、その人の性格や才能、能力などは十年単位くらいで大きく変化していくということです。以前はできた仕事が今はできないということはよくあることです。それは周期の変化により才能や性格に大きな変化が生じるからにほかなりません。

琉球四柱推命の分析鑑定はその点では大きな力になります。その人の四柱推命の基礎心理から生涯変わらない部分を読み取ることができますし、またそれ以降に変化していく才能や適性なども読み取ることができます。人生をトータルでみて判断するので間違いがありません。その人の深層心理の全体像をみることでピタリとあう職業を選択することが可能になります。最初からそうした仕事に就くことで迷いもなくなります。迷いがなくなれば少々の失敗があっても仕事に打ち込めるので、将来は必ず業績を伸ばせることでしょう。

ただし注意が一つあります。そんな仕事に就いた人でも運気の下降する時期は仕事の失敗が出てくることがあります。そうした時期は一時的に能力や気力もかなり低下するので、今までやってきたことができなくなることがあります。こうした一時的な低下はどんな人でも避けることはできません。ですから職場を変えてみても、また同じような状況になることも多いものです。こうした時期は下手に動かないようにアドバイスしています。

琉球四柱推命の分析鑑定で大事なことは、ただ単に相談者の悩みを聞くだけではなく、実際にいま生じている運命の背後関係を正確に知らせることです。それがわかれば相談者も自分自身で将来の岐路を選択することができるでしょう。琉球四柱推命は相談者の身になって深刻な悩みを真剣に受け止めることで、その人の大切な未来を守りたいと願うのです。

2019年09月22日