恋愛で悩む女性の心とは

華やかな恋愛ーそれは世の女性の誰もが憧れる世界です。小説や映画など恋愛ものは常に上位にランキングさせる売れ筋でもあります。それは現実には存在しない虚構の世界とわかっていながらも、なぜか私たちの心を魅了してしまうのです。

琉球四柱推命の分析鑑定においても女性の相談の多くは恋愛に関係するものです。未婚者の場合はいま恋愛している相手のことであり、あるいは交際相手がいつごろ現れるかという具合です。

「私、将来はきちんとした結婚ができるでしょうか。それが心配です」。こう話した女性はその外見に似合わない意外な質問をぶつけてきました。色白で透き通るような肌であり、華奢で繊細そうな体形は誰が見ても美人の容貌です。印象的で大きな目にくっきりと筋の通った鼻筋、綺麗にまとめられた髪は優美で美しい感じです。雰囲気全体にも独特なオーラを放っており、男性であれば誰でも彼女の手助けをしたくなる、そんな雰囲気をもった女性でした。年のころは二十代前半でしょうか。華やかさや美しさにかけては今がピークといった感じでした。

「結婚できない何か理由があるのですか?」少し失礼かと思いましたが率直に尋ねてみました。「いえ、別に何か理由があるわけではありません。ただこれまで色々と嫌な事があったものですから」。

彼女は過去の嫌な出来事に対して大きなコンプレックスを形成しているようでした。それが彼女の心の中にわだかまりを作り出しており、結婚に対してのアレルギー的な反応を生じさせているようでした。彼女の過去にどのような不幸があったのでしょうか。私は彼女の四柱推命基礎データを取り出しながら話を聞いていきます。

「よろしかったらそのことを話してくださいませんか」。私は自分で推測するよりも彼女に直接聞いた方が早いと思い聞いてみました。彼女はしばらく黙っていましたが、ようやく重い口を開きました。「すみません、今は話したくありません」。彼女の心の中にはよほど嫌な記憶が刻み込まれているようですが、それを無理に聞くこともできません。私は再び彼女の四柱推命基礎データを分析していきました。

彼女の心理構造は特別に変わったものではありません。ただ全体的な印象としてかなり享楽的で華やかな性格であることがわかります。そうした潜在的な性格はたしかに彼女の華やかな外見に現れていました。

次に彼女の潜在的な関心の対象がどこに向かっているかを分析します。彼女の関心の多くは異性、つまり恋愛対象としての男性に向けられています。彼女の繊細そうな外見は見事に彼女の関心の対象である恋愛に向けられた心の様相を体現していたのです。最初に感じたとおりの心理構造でした。それは深層心理の状態をそのまま物質レベルで再現していたのです。

「〇〇さん、あなたの心の中に異性に対する強い執着心があるようです。あなたの過去の嫌な出来事はそれに関連するものですか?」私は彼女を刺激しないようにやんわりと尋ねました。彼女は少し驚いた表情をしましたが淡々と答えました。「それもあります。でもそれだけではありません。他にもいろいろとありました」。

彼女はそれだけ言うとまた黙ってしまいました。よほど過去の体験がトラウマとなって彼女を苦しめているようです。彼女はその理由を知りたがっていました。なぜ自分が恋愛で嫌な想いをしなければならなかったのか、またそれに重なるようにして起きた一連の不幸は何が原因だったのか。

私はさらに彼女の四柱推命基礎データを読み込んでいきました。心理構造の分析で彼女の運命の基礎を知ることができます。自我の強さ、感情の働き方、人間関係、配偶者との縁、親や子供との縁、基本的な考え方、潜在的な願望、過去のカルマなどを総合的に分析していきます。

彼女の心理構造を一通り見てから次に運命周期をみていきます。周期の流れは時間と共に変化していく要素です。それは人の性格や気質を変化させ、運命を変えていく基礎になります。彼女の心理構造には特に大きな障害は出ていませんでした。だとすれば彼女の不幸の原因は周期の変化にあると思われます。そこで彼女の周期変化を幼少期から追っていきました。すると予想通りに原因らしきものを見つけることができました。

「あなたのこれまでの嫌な出来事はどうやら運命的な意味を持っているようです。たしかにそうした意味が出ています」。彼女は言いました。「運命的な意味ですか?それはどのようなものですか?」彼女は私の言葉に少し動揺したようです。心なしか微かに声が震えているように聞こえました。「あなたの心の中に非常に強い異性への思い入れがあります。それはあなたの心の中に強固なわだかまりを作り出しており、それが今回の運命的な傷害を生み出す直接的な原因を作り出しています」。

彼女の心の中に在る異性への羨望はとても強烈なものでした。その想いは彼女の人生の大部分を支配しており、それは享楽的な性格とあいまって彼女の運命を翻弄していたのです。

「先生、私が異性への思い入れが強いというのは認めます。でもそれがどうして運命を悪くするのですか、わかりません」。彼女のように恋愛に憧れている人はたくさんいるでしょう。恋愛がロマンス小説のようにうまく運び、幸せな運命を作り出すのであれば問題はありません。しかし現実の世界はもっと複雑です。恋愛は言い換えれば運命の世界を動かす偶像であり、そこから派生する諸々の運命を展開させていくものです。それは現実の男女を結び付けてより複雑な宇宙の構造を具現化していく力でもあるのです。

「運命とは学びの過程です。しかしあなたは楽しいものや美しいもの、華やかなものに目を奪われて現実の運命を直視していません。運命の機構はそんなあなたに対して学び成長することを促しているのです」。

これは誇張ではありません。彼女の異性への憧れ、華やかなものや美しいものに対するこだわりと執着心は彼女の心理の大部分を占めており、彼女の人間としての成長はそのために阻害されていました。彼女の深層心理はこうした自分の運命をよく知っており、自分自身を成長させるために彼女に苦難の道のりを歩ませたのです。

ただ目の前にいる本人はそのことを全く知りません。それを知るのは彼女の魂的なもの、本当の意味での彼女ほ本体なのです。運命的な受難は彼女の深層心理が生み出した運命の試練だったのです。

「そうですか、でも自分で苦労を作り出していたなんて」。彼女は多少落ち込んでいるようにも見えました。すぐには自分の運命の本当の姿を知ることはできないかもしれません。ただ彼女は自らの心の中を見ることで何かを見出したのです。これまでまったく知らなかった心の世界に気づきはじめたのです。彼女はこれまで不幸の原因を他人のせいにしていました。なぜ自分ばかりに不幸が来るのか、外にばかり原因を探していました。

「あなたはこれからもっと色んなことを学ばねばなりません。誰でも苦しみや悲しみ、人の嫌な面をみるのは辛いものです。しかしそうしたものも人の一部であり、それを避けて通ることはできません」。人生には様々な苦労があります。事件や事故、病気の苦しみ、人間関係の不和、ほかにも多数ある苦労を避けて通ることはできません。現代のような時代であれば殺人事件や戦争なども毎日のように聞くものです。それらも人間の一部であり、これらが運命の中に在る以上、それを学ばずに避けて通ることはできないのです。

「あなたは過去の辛い体験によって自らの弱点を克服してきました。今はその重要な意味が分からなくても、これから先にはこれまでの体験を超えていく時が訪れるでしょう」。

失恋を何度も経験し、恋に焦がれながらもそれが果たせず、失意の中にいる彼女にはかなりきつい言葉だったかもしれません。恋愛という偶像は壊れてしまいました。しかしそれに代わる大きな代償を彼女は得たのです。それは彼女の享楽的で優美な心理構造を変化させていくでしょう。彼女の深層心理は個人の偶像的な世界からより普遍的な世界へと向かいつつあります。次に語った彼女の言葉がそれを予感させました。

「私はいろんなものを失いました。でもそのことによって何か心のつかえがとれたような気がします。たしかに先生の言う通りかもしれません」。

彼女はこれから先に大きく普遍的な世界へと前進していくことでしょう。恋愛の世界は華やかで美しくもあり、人を魅了する力を秘めているかもしれません。ただそれは感情を支配する偶像でもあり、自らの心象イメージを膨らませて華やかに飾り付けた世界ともいえるのです。多くの人はその自らが作り出す心の偶像を真剣に追いかけます。ところがそれはどんなに追いかけても追いつけない心の影なのです。

ある人はその影を現実世界の異性に見出して理想と現実の違いに愕然となります。またある人は最初からそうした事実を知っていてフィクションの世界で満足するかもしれません。いずれにせよ自らの心の影に固執してその世界にとどまる以上、その先には進めないでしょう。その先に実はもっと素晴らしい世界があることを知れば、きっと考え方も変えられるでしょう。

「あなたは貴重な経験をしてきました。それはあなたの偶像を破壊するための苦のプロセスだったのです。あなたは見事にそれをやりとげました。未来により大きな幸福を見出すことでしょう」。彼女はかすかに微笑みました。最初みたときの繊細そうな印象はすでに消えていました。

 

2019年10月18日