結婚の運命を読み解く

かつて負け犬という言葉がはやりました。三十歳を過ぎで未婚の女性をいうのだそうですが、何とも嫌な感じの言葉に聞こえるのは私だけでしょうか。そもそも人生に勝ち組とか負け組とか、勝敗を決めることじたいが無意味のように思えます。人生は勝ち負けで決められるほど単純なものではなく、人それぞれに価値の異なるものです。百人いれば百通りの運命があり、千人いれば千通りの運命があります。いかなる運命であってもそこには何らかの意味があり、その価値は人によって決められるものではないと思うのです。

ですから社会的なステータスや金銭の有無、家柄や既婚、未婚かで人生が決まるほど、人の運命は単純なものではありません。ですが結婚しない人が増えているのは確かに気になるものです。核家族化の影響なのか、あるいは個人主義の時代なのか、とにかく昔の時代では考えられないほど未婚者が増えているのは事実でしょう。こうした結婚についてのテーマがいわれるとき、決まって言われるのが「なぜ結婚しなければならないのか」ということではないでしょうか。

そもそも結婚とは強制されて行われるものではありません。生物学的にみても雌雄が結びついて共生するのは、ごく自然に行われていることです。それは思考の産物ではなく、身体的なリズムに沿って行われる自然の働きでしょう。ではなぜ人間だけが結婚という選択をするのでしょうか。私はそこに人間の高度な心理作用が介在していると考えます。つまり言い換えれば結婚とは高度な精神性に由来すものだということになるでしょう。

「私には異性との出会いがほとんどありません。結婚して人並みの家庭を築きたいのですが・・縁がまったくないのです。なぜでしょうか?」ある三十代の女性は深刻そうな顔をして語りました。その顔から察すると、これまでずっと一人で悩んできたのでしょう。特別に容姿が悪いというわけではありません。どこにもいる平均的な顔であり、背格好もごく普通の人です。見た目には彼女が結婚のことで悩んでいるとは誰も思わないでしょう。

「そうですか。縁がないのですか。運命的にみてそうした何かの障害が出ているのか、少し見てみましょう」。まれに結婚そのものに障害の暗示が出ている人がいます。障害といってもピンからキリまでありますが、軽度から重度なものまで人によって様々と言えるでしょう。

では何をもって結婚の障害というのか、未婚の人には気にかかるところでしょう。結婚できない運命というと何か因縁めいたものを想像する人もいるでしょう。たとえば先祖の因縁だとか、前世の祟りとかを言う人がいます。ただ私が運命を研究してきた限りでは、結婚の障害は先祖の祟りや因縁などの外からやってくるものではありません。

それは自分自身の中に存在するのです。それは心の内部、つまり潜在意識の中にあるのです。私はこの女性の潜在意識の心理構造を調べていきました。女性はなかなか異性との縁ができないと言いました。縁ができないというのは潜在意識の中にその原因があることが多いのです。

まず、女性の全体的な心理構造を見ました。すると予想外の結果が出ていました。女性の心理構造は異性への関心に大きく偏っていたのです。これは私が今まで見てきた結婚に関する障害パターンとはあきらかに違っていました。異性との縁ができないという彼女の言葉とは矛盾しているようです。

「失礼ですが異性との縁がないというのは本当ですか。私が見たところではあなたは異性との縁が強そうに見えますが」。女性は一瞬、驚いたような表情を見せました。少し黙っていましたが、ゆっくりと喋りだしました。「たぶん先生が言っているのは私の心理的なことを言っているのだと思います。私は異性に関心がないわけではありません。関心は人より強いかもしれません」。人の潜在意識の構造からわかるのは、その人の現実的な状態というよりも、その人が持っている関心や願望です。

たとえばこの女性は確かに異性との付き合いはありませんでした。ただ関心じたいは強く持っていたようです。私が読み取ったのはこうした潜在的な要素だったのです。ではなぜ現実的な状態と潜在的なものとにすれが生じたのでしょうか。

普通、こうした大きなずれは生じません。そこに彼女の結婚に関する謎を解くカギがある、私はそう直感しました。「そうですか、関心が強いというのは合っているわけですね。ではなぜそれがうまくいかないのかを調べてみる必要がありますね」。私はそう言うと、彼女の心理構造をさらに深く分析していきました。

彼女の心理構造はたしかに異性への関心で占められていました。それを裏付けるように彼女の対人傾向も性的な機能と関連していました。異性に自分を合わせて柔軟にへりくだる情緒的な部分が発達しています。

次に愛着性の対象を見ていきます。愛着性を調べることでその人の本質的な関心がどこに向かっているのかを知ることができます。彼女のそれは異性への関心へと向かっていました。総合的に判断すると彼女が異性に対して強い関心を持っていることは、ほぼ間違いないようです。

ではどうして彼女はその気持ちを素直に表現できないのでしょうか。年齢的にいっても異性との交際は普通にあってもよいはずなのです。私は釈然としない思いを抱えたまま、次に彼女の運命周期の流れを読んでいきました。

運命周期の流れは潜在意識の心理構造に変化を与える要素です。突然、性格が変わったり、気質や体質が変わったりするのは外部に原因がなければ、ほとんどがこの運命周期の影響なのです。もしかして彼女もこの運命周期の影響で異性との関係がうまくいかないのかもしれません。

私は彼女の幼少期から見ていきました。幼少期の状態を知ることで生育期に受けた影響を予測することができます。彼女の幼少期はごくおとなしい平穏や周期でした。その時期は温厚な性格であり、親のいうことを素直に聞く子供であったことが想定できます。ただやや引っ込み思案なところがあり、学校生活では多少の気苦労があったと思われます。

次の周期の変化は13歳ごろに起きていました。この時期は自我意識が強くなる周期であり、この頃から親からの自立心が強まっていったことがわかります。通常ならばこの頃から第二次成長がはじまり、異性への関心が強くなる時期です。ところが彼女の自我意識は異性への関心をストレートに表現できず、それが複雑なコンプレックスを形成していたのです。

彼女の生まれつき強すぎる異性への関心の中に、彼女の自我的な要素が混在していました。それは彼女の心理構造に反発を生じさせて心の歪みを生み出していました。それは現実の異性に対して彼女の自我意識を弱気なものにし、異性への態度を硬化させていたのです。

そして現実の彼女は潜在意識のこうした複雑なコンプレックスを感じて異性との距離を置いたのかもしれません。彼女は自分のこうした無意識の作用を知りません。ですから頭の中では人並みに異性との交際をしたいと考えるのです。しかし無意識の彼女はそれを嫌っており、知らずうちに異性を避けていたのかもしれません。それは複雑な心理構造が生み出す結果だったのです。

「異性との縁がないというのは、あなたが無意識に避けてきた結果のようです。あなたの深層心理は異性に対してのコンプレックスを形成しており、それは異性に対してのアレルギー的な反応を生じています」。私が言うと彼女はすぐに反応しました。

「私自身がわざと異性を避けていたというのですか、信じられません」。彼女は自分の深層心理の想いには気づいていませんでした。ただこの影響は周期的な巡りによるものですから、時間が過ぎ去れば自然に解決していくでしょう。これは潜在意識の心理構造が生み出した結果であり、必ずしも彼女自身に何かの問題があるわけではないようです。ですから彼女の中にそれに対する自覚がなかったとしても仕方のないところでしょう。彼女の運命にはもうすぐ変化の時期が近づいていました。

「あと1~2年すれば自然に問題は解決していくでしょう。時間の流れがあなたの心理状態を変化させていき、あなたは素直に自分の気持ちを表現できるようになります。そのとき結婚に関する障害は消えていくでしょう」。彼女の運命の変化点はすぐまじかに迫っていました。あと1~2年もすれば彼女の心理構造は確実に変化するはずです。その変化が起きれば彼女の異性に対するわだかまりは完全に払しょくされるでしょう。周期の巡りによってバランスを崩していた心理がもうすぐ解消されるのです。

「先生、ではその時期が来れば結婚もできるのですか」。彼女はうれしそうな表情で言いました。「もちろん、あなたの運命には結婚に関する障害はありませんので、あなたが望めばそれも十分に可能でしょう」。彼女の心理構造じたいには結婚に関する障害はでていませんでした。ですからこの周期が過ぎれば、すぐにでも結婚できるでしょう。彼女の結婚に対する思い入れの強さからすると、それはすぐにもで実現すると思われました。

「そうですか、本当に良かった。ありがとうございました」。彼女は心の底から喜んでいるように見えました。人に言えずに一人で悶々と悩んできたのですから、その答えが本当にうれしかったのでしょう。

今回の彼女の運命の在り方は、結婚に関する運命の複雑さを感じさせるものでした。彼女は結婚に憧れて異性によく尽くすタイプの人でした。そんな彼女が三十近くになるまで異性と何の交流もなく静かに過ごしてきたのです。それは結論的には彼女の運命周期の中に原因があったわけですが、こうした運命の流れが彼女の若い時期に巡っていたことは、ただの偶然ではないでしょう。

彼女は結婚の前にあえてこうした避ける時期を設けることで、異性へ耽溺しやすい自分への戒めとしたのではないでしょうか。要するに自分の行動が暴走しないように、冷静な期間を設定したのです。結婚したあとに彼女がこうしたことに思いを巡らすことはないでしょう。家庭を大事にし、それをうまくやりこなす彼女にはこうした時期が重要な時期になると思われます。

彼女はこの時期に大事な何かを学んだことでしょう。それは彼女の運命をより強いものにしていました。いつも幸福な状態でいることが運命の本筋ではありません。運命じたいが学びのために存在していることがわかれば、彼女のような苦しい経験も受容できるようになるのです。幸福の扉はまた一歩彼女に近づいたのです。

 

2019年10月26日