なぜ四柱推命で未来が読めるのか

こういう特殊な仕事をしていると様々な偏見や誤解を受けることがよくあります。琉球四柱推命の分析鑑定をただの占いと思い込んでいる人には「占いなんてインチキに決まっている」「人の未来のことなんでわかるわけがない」と考える人々がいます。たしかに世間に出回っている占いの中にはインチキめいたものが多いのは事実ですし、また人の未来がすべて決まっているわけではありません。

琉球四柱推命も超能力者の透視能力のように未来をみているわけではなく、あくまでも潜在意識の変化を統計的に予測しているに過ぎません。ただそうした事実を知らない人は最初から偏見的な態度で接してくる人がいます。

以前、このようなことがありました。その人は五十代くらいとみられる男性の方でした。占いや拝みごとの好きな奥さんに連れられて仕方なく付いてきたようです。

奥さんはこういう神秘的なものを好む人で、私の話を楽しそうに聞いていました。しかしご主人の方を見ると何とも不快そうな顔をしており、言葉の端々にそれが現れていました。いかにもインチキと言いたげな表情で私の言葉の粗探しをしていました。ただ私は正統派の統計学を用いており、長い期間の検証を得て自信を持っているので、気を強くもって冷静に望みました。

そんな私の表情を察知したのか、ご主人は突然、挑発的に言いました。「私の運命がわかりますか?」。その言葉とは裏腹に「生年月日だけで人の運命がわかってたまるか」「絶対にインチキに決まっている」という考えが見え隠れします。これは一種の挑戦状のようなものでしょう。私はご主人の生年月日から算出された基礎データを見ました。

ただご主人の正確な生誕時間が不明なのが気がかりでした。四柱推命は占星術の一種ですから、生誕時間も非常に重要な要素になります。生誕時間が不明だと時差の影響で生日が変わったりすることがありますし、また生日が変われば判断のすべてが狂ってきます。四柱推命では生日が非常に重要なウエイトを占めているのです。しかし実際には生誕時間が不明な人がたくさんいます。

生誕時間が不明の場合は、その人の生日が正しいことを前提として分析を進めねばなりません。このご主人の場合もそうした事例に当たるので、判断は慎重に進める必要がありました。こうした場合、運気の流れなどを使いながら、生日が変化しても影響の少ない要素を確認しながら進めます。そのご主人の運気をみると、ある時点で気にかかる箇所がありました。そのご主人が四十代くらいの時点で、今から十年前くらいの時期でした。

その年は運気の不調和をひき起こす、琉球四柱推命でいうところの「不和年」という年に当たっていました。大運や命式を総合的に判断して間違いないと思ったので、その判断をご主人に告げました。「今からちょうど10年くらい前の年、〇〇年にご主人の親に関する悪い暗示が出ています。この年にご主人の親に関係することで何か悪いことが起きましたか?」

最初、ご主人は思い出すかのように過去の記憶をたどっていましたが、しばらくするとぼそっと呟きました。「その年に私の親が亡くなりました」。私はたいして驚きませんでした。何度もこうした事例を見てきているので、今さら驚くこともありません。むしろこのような運気の極端に不安定になる時期に何もないというのがおかしいのです。

ただ注意しないといけないのは、こうした時期に必ず親がなくなるわけではないということです。このご主人の運命パターンから読み取れるのはあくまでも「その人の親に関係する悪い暗示」に過ぎません。なぜなら人の死ぬ時期があらかじめ決まってるわけではないからです。四柱推命は宿命論ではありません。

運命の研究からわかったのは、家族の運命が家族全体と深く関わりシンクロしていること、そして家族間には深いレベルの結びつきがあるので、たとえば子供の運気の中に親に関する悪い暗示が出ることもありますし、その反対に親の運気の中に子供に関する悪い暗示が出ることもあります。ただその悪いできごとの現象は家族のカルマなどにより様々ですから、一概に安易に判断できるわけではありません。

分析鑑定の際にはその人の生年月日時が示す深層心理の傾向性を分析し、さらに現在の運気を示す大運や年運の要素を加えて判断していきます。その際は家族がその個人に深く関わるので、特に両親の影響が絶大ですから可能であれば両親も同時に分析すると予測の精度が向上します。

親に関する悪い出来事を〇〇年という時期まで言い当てたことで、そのご主人はそれ以降すっかりおとなしくなり、鑑定内容を素直に聞いてくれるようになりました。ただこのご主人のような懐疑的な人が多いのは事実でしょう。その背景には確たる技術もなく安易な占術を使って人の運命を占っている人々がいますし、また単にお金儲けの目的の人々がいますし、またそうした真偽を見分けきれない悩める人々が多数いるのも事実でしょう。

ただ何度も言いますが、正統派の四柱推命は2千年以上の歴史をもつ統計心理学であり、単なる占術ではなく、本来は深層心理学ですから、正しい使い方を心がければ、悩める現代人にも非常に有益なものとなりますし、また占術のレベルを超えて新しい統計心理学として確立できればその評価も大きく変わってくるのでしょう。

2019年09月19日