ストーカーはなぜ起きるのか

ストーカーという言葉をよく聞くようになりました。ストーカーとは特定の個人に対して過剰なほどの関心を持ち、そのあとを追い回すものというような意味です。近年、大きな社会問題となり、その言葉が辞書にまで掲載されるようになりました。またテレビなどでも取り上げられ、被害者の生々しい実態がその怖さを伝えています。なぜ人は理性を失って、極端で過激な行為に走るのでしょうか。またその根底には何があるのでしょうか。

ストーカーという行為は男性だけに限らず、女性にも起きる現象です。年齢も様々であり、若い人から老人に至るまで年齢の壁を越えて生じる現象です。すべての人が加害者になる可能性があり、また被害者にもなる可能性があります。自分だけは絶対にそんな行為に走らないと誰が言いきれるのでしょうか。琉球四柱推命の分析鑑定でも、こうした内容の相談を受けることが時々あります。

以前、二十代くらいの若い女性が訪れました。彼女は占いなどを信じないタイプの人でしたが、母親に説得されて仕方なく来たようでした。それがよほど嫌だったのか、面談に入るなり突然言い放ちました。「占いって本当に当てになるのですか」。突然の言葉に私は固まってしまいました。「どういうことですか?」私が言い返すと彼女はさらに言いました。「自分は今仕事がうまくいきません。しかし私と同じ生年月日の友人は今も仕事を続けています。どうしてですか?」

その女性には同級生の友人がいて全く同じ生年月日といいます。その友人は現在も仕事がうまくいっており、自分はうまくいかない。全く同じ生年月日なのになぜですかというわけです。男性にはよくいるタイプですが、女性で見たのは初めてでした。理屈としては間違っていません。「大変申し訳ありませんが、その友人とは生まれた時間まで一緒ですか?」

実際に生まれた時間や生まれた場所が違っていれば、まったく同じ運命にはなりません。いや、それがまったく同じであっても、まったく同じ運命にはならないでしょう。生年月日や生まれた時間、生まれた場所によって定まるのはその人の潜在意識の心理構造であり、運命そのものではありません。

ただその心理構造が運命パターンを形成していく基礎母体になりますので、心理構造がまったく同じであればたしかに似たような運命を形成していくでしょう。ですが心理構造の中核にある個人の精神、言い換えれば真我・アートマンは一人ひとりまったく異なるものです。ですから運命がまったく同じになることはないのです。運命という観点からみれば千人いれば千通りの運命があり、一万人いれば一万通りの運命が存在するでしょう。

四柱推命などの占星術でわかるのはその人の運命そのものではありません。あくまでも潜在意識の心理構造から予測する運命の傾向性なのです。未来は最初からすべて決まっているわけではありません。その相談者の女性の発想じたいに完全に誤解が入っていました。彼女は言いました。「生まれた時間まで同じかはわかりません」。

琉球四柱推命においては生まれた時間や生まれた場所は重要な要素です。世間には生まれた時間やその補正をしないで運命を予測する占星術がありますが、その方法では正確な運命の判断はできません。実際の鑑定でも生まれた時間がわからない人の場合、分析にかなり曖昧な要素が出てくることがあるのです。私は彼女に言いました。「友人との違いは生まれた時間で違いが生じているのでしょう」。その女性は何となく納得したようです。

私は女性の心理構造を分析した四柱推命の基礎データを読み込みます。正確な生誕時間がわからないのでやりにくさがあります。「まず、この生年月日が間違いないのかを確認しましょう」。生まれた時間が不明の場合、生年月日すら違ってくる場合があります。特に夜中の午前0時前後に生まれた人の場合、生誕場所の補正を入れると実際には前日生まれになる人、あるいは後日生まれになる人がいます。

現在の日本で使われている時間は全国的に統一された「標準時」というものです。兵庫県の明石を中心として計算された時間であり、実際の各地域の時間とは異なります。本当の時間とは太陽の位置から計算しなければなりません。たとえば沖縄と北海道では1時間以上の時差があります。ですからその人の生まれた瞬間の正しい時間は計算によって求めねばなりません。そうした事情から琉球四柱推命で分析鑑定をする場合、生誕時間の不明の人は本当にその日に生まれたのかを確認することがあります。

その女性の四柱推命の基礎データをみると、昨年の〇〇年は「異性に関係する悪い影響がある」という暗示が出ていました。まずはそこから確認します。「昨年、異性に関する悪い暗示が出ています。異性に関することで何かトラブルがありましたか?」それまで勢い込んでいた女性の表情が一変しました。「どうしてわかるのですか?」その生年月日は正しいようです。昨年の異性に関する否定的な影響はかなり強く出たようです。昨年の辛い体験を指摘され、相談の内容は仕事のことから昨年のトラブルへと変わっていきました。

「実はストーカーされたのです。本当に大変な年でした」。その女性は深刻なストーカーの被害者でした。大きな実害はなかったものの、精神的な苦痛は相当なものだったといいます。その一年間はずっとストーカーに付きまとわれ、無言電話や尾行などの言いようのない恐怖を感じたようです。その相手は面識がなく知らない相手であったといいます。

私は彼女の四柱推命の基礎データを見ながら話しを聞いていました。なぜ彼女の運命パターンの中にこうした異性に関する否定的な暗示が最初から記されているのでしょうか。数多くの運命を見てきた私ですが、現実的な感覚からすれば、このような現象は何度見ても不思議なものです。どうして彼女はこうした深刻な事態を招いたのでしょうか。そのことを彼女に聞いてもわかるはずもありません。私はさらに彼女の運命の流れを分析していきました。

彼女の運命の流れや深層心理の心理構造には、たしかに異性に関係するネガティブな要素が出ていました。ということは、今回の事件は偶然に生じたものではなく、そうした現象を引き起こす要因が彼女の中にもあったということになります。運命の世界は目に見えない次元で動いています。つまり、そのストーカーは偶然に彼女に近づいたのではなく、彼女の中に何か運命的なものを感じて磁力的に惹きつけられたのかもしれません。

運命の世界はすべての人に対して平等に作られています。そこでは過去の忘れ去った現象でさえもすべて再現して均衡化させていきます。すべては学びのプロセスとして存在し、あらゆる人間はこの運命の世界で輪廻を繰り返して成長していく存在なのです。ですから現在は女性として生まれた人であっても、前世は男性であったのかもしれません。もし男性であれば当時の女性に対して同じような行為に及んだ可能性も否定できないのです。

そのような過去の事実があれば、すべての人の運命を均衡化させる法則のもとに、次の人生において相手が体験した気持ちを、そのときと同じような状況のもとで味わうことになるでしょう。こうした現象はすべて学びの機会として自らが設定するのです。私は言いました。「あなたの心理の中には異性に溺れやすい弱い心があります」「そうした心理が今回の事件を作り出した可能性があります」。

彼女は私の話を真剣に聞いていました。何かを感じたのかもしれません。こうした内容はすぐには理解できないでしょう。なぜなら誰も過去の記憶を持たないからです。ただ過去の記憶はその時点で消えてなくなるのではなく、深層心理の奥深い部分に残存しています。こうした深層心理は潜在的な心理構造として、その人の心の基礎部分を形成します。琉球四柱推命はこうした潜在心理構造の分析からその人の運命を読み取るのです。

「先生のおっしゃる意味がなんとなく分かる気がします」。彼女は最後にこう言いました。どこかで遠い記憶とつながったのかもしれません。実はどんな人でも過去の記憶を持っているのです。その記憶を一時的に忘却しているに過ぎません。しかし深層心理の中にはこうした記憶が種子のようになって宿っていますから、そのことに意識を集中すればなんとなく思い出すときもあるのです。

ストーカーという理解しにくい現象にも、運命の世界と深く関わる原因があります。こうした男女の愛憎の心理は私たち人間が最も克服しがたい本能の一つでしょう。それは生の本能と深く結びついているために根深い力を宿しています。それが周期の流れによってその本能が異常なまでに増幅されるとき、私たちは理性を失って過激な行動に走るのでしょう。私たち人間は運命の世界にあって、こうした本能の赴くままに生きてはいけません。その既成事実が未来の運命を苦しくする原因を形成しているのです。

すべての人間は男性や女性としての役割を入れ替えながら、経験を積んで運命の法則を学んでいきます。こうした運命の法則を知らない人たちがいまだに犯罪的な行為に及ぶことは残念でなりません。この性に関する過ちは次の人生で非常に苦しい運命を形成していくのです。ストーカーという現象はそうした運命が現象化したパターンが多いのです。できれば多くの人がこうした運命の世界を自ら学び、自らの心理を厳然として律していくことを願ってやみません。

2019年10月01日