霊感の危険な兆候とは

常人にはない神秘的な能力ー霊感に対する評価は人それぞれでしょう。合理的な考えをする人は霊感をインチキめいたものとして捉えますし、宗教や占いが好きな人であれば反対に羨望の的になることもあります。その真偽はひとまず置いておくとして、では運命的な世界から見た場合、霊感はどのようにして発現するのか、そしてそれにはどのような背景があるのかを考えてみましょう。

琉球四柱推命にもよく宗教的なものを好む人や霊感のある人がやってきます。彼らの多くは神秘的な世界に対して感性が開けており、非常に鋭敏な人が多いという特徴があります。ただ実は運命の世界から見た場合、彼らの多くが類似的な運命傾向を持つことに気づきました。

「先生、私の運命をみてください。どのようなものが出ていますか?」この人は二十代後半の男性でした。やや小柄で痩身ですが、身なりはけっして奇麗とは言えません。着古した上着はどこか萎びており、質素な身なりからは裕福ではないことがわかります。少し伸ばした無精ひげは順調ではない生活の証なのでしょうか。

私は言いました。「わかりました、少し待ってください」。彼の四柱推命基礎データを分析していきます。驚きました。彼の心理構造は知性の部分に大きく偏っており、なかなか見られない特異な命式=心理構造でした。これは彼の関心が特定の分野に偏っていることを示しています。

「失礼ですが趣味や仕事などで何か懸命に取り組んでいるものがありますか?」私は言いました。すると彼は小首をかしげて言いました。「うーん、特に取り組んでいるわけではないのですが、前から霊的なことに興味がありました。今でも時々霊感みたいなものが働くことがあります」。

なるほど彼の集中した関心の対象は霊的な世界への関心だったようです。彼のように何か特定の分野に関心を強く持つと、心理構造が大きく偏ることがあります。それが一概に悪いとはいえません。その対象によって良しあしは変わります。たとえば社会への奉仕や自分の精神的な向上に関心が向けられている場合、それは良い偏りになります。しかしそれが人に対する恨みや怒り、自分の野心を満足させる方向に向けられる場合、それは忌むべき偏りになるのです。凶悪な犯罪者や歴史上に現れた独裁者の心理構造にこうした事例をみることができます。私は言いました。

「そうですか、霊感ですか。ではどのようなときに霊感が働くのですか?」彼に少し突っ込んだ質問をしてみました。彼は言いました。「霊感は生まれつきあったわけではありません。二十歳ごろの夏に突然出てきたものです」。「それは興味深い話ですね。何かそのきっかけがあったのですか?」彼は少し考えてから言いました。「きっかけと言えるかどうか、その頃はとにかく霊的な関係の本に熱中していたのは確かです」。こうした関係の本に熱中するのは彼の生まれ持った資質でしょう。それは彼の心理構造からみても不思議なものではありません。どうして彼だけが霊感が働くようになったのでしょうか。

彼はそれが生まれつきのものではないと言いました。そうであれば周期の変化の影響を受けたことが考えられます。私はすぐに調べました。やはり思った通りです。彼の周期は二十歳ごろに変化しており、その能力の芽生えた前年の年はちょうど大きな変化点に当たっていました。そしてその周期は彼の心理構造と健全な理性の機能に障害が出ることを暗示していました。「その能力が芽生えた時期に何か悪い現象が起きませんでしたか?」私がこうしたことを聞くのは、彼の霊感が健全な形ではなく、ある種の異常な心理状態の中でそれが機能していることを読み取ったからです。

その時期の彼の心理構造は理性の機能が衰弱しており、その反対に知性の機能が過剰に機能していました。こうした異常な心理バランスは霊感の発現と深く関わっていたのです。

「はい、たしかにその頃はたて続けに良くないことが起きました」。彼は驚いた表情で私を見ました。彼のこうした能力の芽生えと共に彼の家族にも立続けに不幸が起きていました。それは家族の運命がシンクロすることでも説明がつくでしょう。彼の霊感は家族や自らの不幸な現象とからまって現象化していたのです。

多くの人はこうした霊感に神秘的なものを感じて、自らもそうした能力者になりたいと考えます。しかし私が四柱推命を通じてみてきた霊感者の運命は、けっして好ましいものではありませんでした。むしろそれは異常な心理状態のバランスが生み出す非常に危うい能力でもあったのです。

たとえばある宗教団体の指導者は自らの霊感を誇りにしています。ところが四柱推命で調べた限りでは彼の運気が低迷する危険な時期にこうした霊感が発現していたのです。またある霊能者は祈りの行と共に強くなる自らの霊感を誇りにしています。これも四柱推命で分析した限りでは彼の危険な時期にそうした能力が発現していました。

彼らは特異な能力者であり、それを誇りにして自らを世界の救済者として理解しています。ですがこうした危うい時期に発現した能力に、私はある種の危惧を抱かずにはいられません。なぜならこうした運気の低下した時期には霊的な世界も含めて魑魅魍魎の様々な干渉や誘惑があるからです。それは私自身が過去に経験してきたことであり、自らの経験からもこうした世界が非常に危険なものであることを知っています。こうした霊的な世界にいる存在は私たち人間の弱点を直感で知っており、見事にその急所を突いてくるのです。

たとえば名声に弱い人がいます。すると彼らはその人を有名人に仕立てて彼を利用します。またお金に弱い人がいます。すると彼らはその人に大金を与えてその人を利用します。どんな人であれ人間である限りは必ず弱点を持っています。完璧な人など一人もいません。誰でも自分では意識すらしない脆弱な心理を抱えているのです。琉球四柱推命の分析ではその人の心理構造を調べることで、そうした弱点を知ることもできます。ですから危うい運命に陥らないように自分を戒めることもできるのです。

「先生、ではこの能力は無いほうが良いのですか?」先の青年はこれまで自分の霊感を自慢していました。友人の隠された心境をズバリと言い当て、未来の出来事を言い当てることで彼なりに悦に浸っていたようです。しかしそれは迷妄の世界と紙一重であり、一歩間違えればカオスの世界に陥る重大な危険性を秘めていることを知れば、彼の考えも変わってくるでしょう。

こうした潜在力の発現は人間の健全な心理のシステムを破壊してしまう危険性を常に秘めているのです。人間の心理機構はこうした潜在能力を封印し、健全な理性を機能させることで、人が安定して生きれるように配慮されているのです。霊感とはそれが健全に機能した能力でない限り、それは受動的なものであり、実体のない影に振り回される危険性と常に隣り合わせなのです。

「うーん、そうでしたか。自分では素晴らしい能力と思っていたのですが。違っていたのですね」。彼はようやく自分の置かれた危うい状況に気づき始めたようです。実際に彼のこうした霊感の出現と共に彼の家族には様々な不幸が出現していました。彼の家族は経済的にも行き詰まり、親戚に借金を重ねていました。病気などにもすいぶん煩わされたといいます。

彼の霊感はこうした家族の不幸とシンクロして発現していたのです。彼の霊感は家族のこうした危うい運命を象徴するものでもあり、実際に危険な霊存在を導入する窓口となって家族の不幸をさらに増幅させていました。彼は自分の運命に何が起きていたのか、ようやく理解しつつありました。

「自分が家族を不幸にしていたのですか。とてもショックです」。彼は落胆していました。私は勇気づけるために言いました。「家族の不幸は必ずしもあなたの責任ではないでしょう。それは家族にも共通する運命でもあるのです。しかしあなたがそれを拡大させる役割を果たしていた事実はあるかもしれません」。

目に見えない世界は霊的な存在も含めて、あらゆるものが生きている世界です。それは人の霊ばかりではありません。人の想いや過去のカルマ、動物の霊、植物の精霊的なもの、あるいは想像もつかない魑魅魍魎的な存在、さらには人間社会の覇権を狙う存在もあって非常に危険な世界でもあるのです。

そして霊感とはこれらを防衛する理性が不安定な状態になる現象ですから、それが非常に危険なものであることが理解できるでしょう。霊感にはこうした背景があることを理解すれば、誰も霊感を持つ人に対して憧れを抱いたりはしないでしょう。大事なことは霊感のように実体のないものをすぐに信じることではなく、どんな現象でもそれを合理的に検証して分析するという態度にあるのではないでしょうか。それが運命を安定化していく秘訣でもあるのです。

 

 

 

2019年10月17日