四柱推命には流派がある

琉球四柱推命と一般の四柱推命の違いを少し説明しましょう。実は四柱推命とはいっても様々な流派があります。現代の日本で使われている四柱推命は日本独自のもので、中国由来の正統派、古典的流派とは大きな違いがあります。

ただ日本ではそうした事実はほとんど知られていません。現代日本の四柱推命は中国の正統派の古典的な方法とはだいぶ異なる四柱推命と考えるべきでしょう。では何がどう違うのか。一番の大きな違いが「空亡」と「特殊星」と呼ばれるものです。

空亡は運勢の吉凶を単純に割り出す方法です。たとえば子丑の年は運気が悪いという具合です。子丑の年は12年に一度の割合で巡るので、Aさんは12年に一度悪い運気が周期的に巡るということになります。Bさんは空亡が午未なので、午と未の年は運気が悪いと判断します。これが日本で広く使われています。

ところが四柱推命の本場ではこうした方法は使いません。四柱推命の正統派の古典では「空亡は迷信である」「空亡は笑止千万である」とはっきりと書かれているのです。ですから日本で広く使われている方法は古典とは関係ない、日本独自の四柱推命と考えるべきでしょう。

これと同じようなものに「特殊星」というものがあります。特殊星は干支の組み合わせから単純な方法で「〇〇貴人」「〇〇殺」といったものを出します。多くの日本の流派がこれを採用しており、あなたは〇〇貴人があるので運が強いなどと判断します。しかしこれも正統派の古典では「間違った方法である」と書かれているのです。

では何が問題なのでしょうか。簡潔にいうと、空亡のように運勢の吉凶を単純に出すことはできませんし、特殊星のように単純にその人を判断することはできません。たとえば運勢は大運や命式の状態、年運などを加えて総合的に判断するものですし、その人の性格は干支や日干の性質や配置から総合的に判断するものです。一つの干支から単純に判断できるものではありません。

このように四柱推命とはいっても様々な流派がありますので、単純に四柱推命を論じることはできません。

2019年07月26日