四柱推命はなぜ当たるのか


四柱推命で必要なデータは生年月日、生まれた時間、生まれた場所、性別のみです。
「たったこれだけの情報で本当に人の運命がわかるのですか」という質問をよく受けます。そのようなときはいつも、「はい、それでけで運命のおおよそのパターンが判明できます」と答えます。

多くの人はただの数字でしかない生年月日だけで、なぜ人の運命が読めるのかと不思議がります。私からすれば、そもそも生年月日をただの数字として考えるのが間違いなのです。生年月日はただの数字の羅列ではありません。

生年月日というのは実際の太陽と地球の天体的な位置関係を正確に知るための記号なのです。たとえば2004年8月15日、午後12時0分であれば、実際のその時間における太陽と地球の位置関係は完全に決まっています。大事なことはその位置関係を正確に知ることであり、そこで使っている数字そのものはどうでもよいのです。

太陽と地球の位置関係を正確に把握することが重要になってきます。生まれた時間のみならず生誕地の情報を使うのも、実際の正しい時間を計算するためのものです。ではなぜ、天体の位置関係が重要になってくるのでしょうか。生年月日を使う運命学は四柱推命以外にも多くありますが、どれ一つとしてそれに関する説明をはっきりとは述べていません。

私はこれまでの研究から、なぜ天体の位置関係が意味を持つのかについて一つの考えを持っています。その前提において重要なのは「太陽と地球の位置関係は常に変化するものであり、二度と同じ位置関係を作ることはない」ということです。

要するに太陽と地球の位置関係というのは一年単位の公転周期と一日単位の自転周期の組み合わせから成り立っていますが、たとえちょうど一年後の同じ日時であっても、昨年とは同じ位置関係ではないということです。

太陽を周回する回転運動と地球が自転する回転運動によって、その対する面の配置が異なるのです。ということは、太陽と地球の位置関係は厳密にいえば、二度と同じ位置関係にはならないということになります。

私たちの感じる時間の感覚は天体の運動によって生じ、もし天体の運動が完全に静止してしまえば、私たちは時間の感覚を完全に喪失するでしょう。時間の感覚とはつまり天体の位置関係によって定まっているのです。

時間の本質がこのようなものであれば、「時間とは天体の位置関係により形成される」ということになります。そして太陽と地球の運動は二度と同じ位置関係を形成しないのですから、同じ時間も二度とこないということになります。

ではなぜその位置関係が人間の運命に影響を与えるのでしょうか。私の考えでは「天体の幾何学的な位置関係が地球を取り巻いている気的な状態に何らかの変化を生じさせている」と考えます。

地球には大気の層だけではなく、素粒子的な気と呼ばれる生命の意識に影響を与える気の空間が広がっていると考えられます。生命はその気が生じる活力によって生かされており、その影響は人間の意識の中にまで及んでいる、と考えられます。

そしてその気の状態は太陽と地球が作り出す幾何学的な位置関係によって微妙に変化していき、人間の意識の状態までも変化させているのです。運命は人間の意識が作り出す現象ですから、意識が変化すれば運命も変化するということになります。

結果的には人間の運命を予測するには、生命を活かしている気の状態の変化を予測すればよい、という結論に導かれます。では気の変化を読み取る技術があるのでしょうか。

実は存在します。それが古代から世界中で研鑽されてきた占星術なのです。科学優勢の時代では占星術は迷信のように思われていますが、必ずしもそうではありません。

占星術はいまだ体系化されたものではありませんが、その内容を経験的に試してみると、本当に不思議なくらい人の運命の変化が正確に読めるのです。

私自身はその計算方法を独自の研究により高めてきたのですが、精密な計算をすれば運命の予測と実際の人の運命は高い確率でピタリと符合するのです。しかしそのような話をすると、「それはあなたの思い込みであって自己暗示ではないの」と言われそうです。

ただ私は30年近くの年月をかけ数万人レベルで検証してきた経験があるので、これを単なる思い込みで片づけることはできません。自分自身のみならず家族、親族、知人に友人、さらに芸能人や政界、財界、文化人などの多数の人物を検証してきたことで、確信を持つようになりました。

今では「いかなる人間もこうした運命の法則によって生かされている」と考えるに至りました。この占星術的な運命予測が最も正確で高レベルであることから、私はそれ以外の運命学、手相、人相、姓名、風水などはまったく使いません。全幅の信頼を置いて四柱推命だけを使っています。

琉球四柱推命の鑑定(運命分析)では、生年月日、生誕時間、生誕地の情報をもとにして個人が生まれた瞬間の天体の情報=気の情報を調べます。その際の生まれた時間と生誕地の情報はとても大事です。生年月日を使用する四柱推命、占星術でも生まれた時間や生誕地を考慮しないものがありますが、それにより的中率は大きく下がることがあります。

ではなぜ生まれた瞬間が重要になるのでしょうか。「生まれた瞬間に人の運命が決まる、そんなバカな」という人もいるでしょう。しかしそれが事実なのです。

私はその理由を以下のように考えます。人は生まれた瞬間に呼吸を始めます。この呼吸が重要なのです。呼吸は単に酸素を取り入れるだけではなく、外界にある気の空間とも深く関わっているのです。それは身体だけではなく意識の次元にも及んでいます。

人は生まれた瞬間に「おぎゃー」と泣きます。その瞬間、意識を構成する次元に気の情報を取り入れています。この意識の次元を潜在意識と考えても良いでしょう。その潜在意識は気の情報によって構成されているのです。

生まれた瞬間にその気の情報を潜在意識の中に取り入れます。そしてその情報は潜在意識の構造を決定し、意識の中に完全に固定化されます。それは二度と変えることはできません。この意識の構造がその人の運命を動かしていく基礎になるのです。

この気の情報を知ることで人の運命を予測することが可能になります。これが私が考える占星術の根本原理なのです。

運命を分析鑑定する場合は、この基礎データを分析してその人に与える影響を予測していきます。未来を予測する場合は未来の気の変化を予測してその人の変化する状況を推測します。ただ運命というのはあらかじめすべて決まっているというわけではありません。それは基礎情報からの予測に過ぎないのです。

琉球四柱推命の分析鑑定から判明できるのはその個人が持っている性格、気質、才能、能力、仕事の適性、人間関係、家族関係の良否、価値観や考え方などです。また生涯にわたり変化していく運気の変化の良否を知ることもできます。ですからいつ頃に危険な時期が巡るのか、あるいはいつ頃にチャンスが巡るのかを正確に予測することができます。

これは実際に非常に役に立ちます。危険な時期を事前に予測できればそれに対する対策を講じることができます。また良い時期を知ることができればそれにあわせた計画を立てることができます。他にも家族全体の運命を照らし合わせることで、家族全体の運命を知ることもできます。

琉球四柱推命の役割は人の運命を良い方向に導くことにあります。これは天気予報を利用することに似ているでしょう。天気予報は事前に明日や明後日の天気を知ることで役に立ちます。雨が降ると判れば傘を持って出かけることができます。台風が来るとわかれば対策を講じるでしょう。それと同様に悪い時期が来るとわかれば対策を講じることができますし、良い時期が来るとわかれば行動計画を立てれば良いのです。

これを知っている人と知らない人では長い目でみれば大きな差が生じてくるでしょう。知っている人は危険を避け、安定した道を通ることができますが、知らない人はいつ危険な穴に落ちるかもしれませんし、良いチャンスが巡っても気づかないかもしれません。ですから私は琉球四柱推命を多く人に利用してほしいと常に願っているのです。

 

 

 

 

 


2019年07月28日