アスリートの挫折の先にあるもの

競技場を埋め尽くす観衆。その視線の先はすべてあなた一人に向いています。会場割れんばかりの拍手を浴びて、あなたは自分の競技に集中しています。

このような状況を想像してみてください。もしあなたが優秀なアスリートであれば、このような最高のシチュエーションを味わうことができます。多くの人から尊敬と羨望の眼差しを受ける快感はそれを味わった人にしかわからないでしょう。

現在、スポーツの分野で活躍する有名人がたくさんいます。彼らの多くは人並み外れた天性の才能によって現在の地位を勝ち取ってきた人たちです。私たちのような凡人はこうした才能ある人に対して複雑な感情を抱きます。時には彼らの才能を羨むでしょうし、また時には自分もそうなりたいと考えて同じ道を志すこともあるでしょう。

では、私たちの心を魅了する優秀なアスリートの運命はいったいどのようなものなのでしょうか。彼らの運命には何か特殊なものがあるのでしょうか。

以前、アスリートの道を歩む若者が訪ねてきました。彼は空手を長いことやっており、将来はその道で有名になりたいと真剣に考えているようでした。「私は長いこと空手をやっています。将来はこの道でやっていこうと考えていますが、この先はどうなるでしょうか」。

アスリートによくあることですが、彼はちょっとしたスランプに悩んでいるようでした。以前は上達するのが手に取るようにわかったといいます。ところがここ数年はまったく伸び悩んでおり、成績も振るわないとのことでした。

「わかりました。原因を探ってみましょう」。私はそう言うと彼の四柱推命基礎データに目を通していきます。スランプーそれはアスリートが最も恐れる状況でしょう。そこから抜け出すのは容易なことではありません。どんなに練習を頑張ったところで、満足のいく結果が出るとは限らないのです。そこから焦りがでてきます。精神的にもだんだんと追い詰められていくでしょう。東京オリンピックで活躍したあるマラソンランナーは成績が伸び悩んで自殺という最悪の悲劇を招きました。アスリートにとってスランプとはそれほど大きな試練なのかもしれません。

「スランプに入ったのはいつ頃からですか?」私は言いました。おそらくスランプの原因は数多く存在するでしょう。その時の身体の調子、心の問題、あるいは才能の限界ということもあるでしょう。あるいはこれらの複合的な原因がある場合もあります。その原因を特定するのは容易なことではないのです。

「スランプに入ったのは今から2~3年前くらいからです」。彼のその頃の状態を確認してみます。ちょうどその頃に周期の変化が生じています。以前の周期をみるとかなり良い状態であったことが予想されました。以前は身体の周期が巡っています。この身体の周期が巡ると身体全体に生命エネルギーが流れていき身体全体の活力が生じてきます。また身体リズムが活性化されるために運動神経や反射神経が強化されます。このように身体全体がアクティブな状態になれば当然、スポーツなどでは活躍できるというわけです。

実際に多くの優秀なアスリートがもともとこうした心理構造を持っているか、あるいは周期で巡っているかのどちらかなのです。この青年の場合は10年間この周期が巡っていました。ところがここ3年ほど前に大きな周期の変化があり、現在は理性の周期に入っていました。

理性の周期に入れば意志力が強化されるようになります。ただ生命エネルギーが理性機能に流れていくために、身体能力は相対的に弱まるのです。意志力が強くなり身体能力が弱まると、身体が意志の力についていけなくなります。そのために身体が故障するようになるのです。

多くのアスリートがこのような運命をたどります。運命の変化する法則を知らない人は、急に才能が枯渇してしまったと考えるでしょう。しかし才能そのものが無くなったわけではなく、それは周期的なリズムによって一時的に与えられた能力が消失したにすぎないのです。

「あなたがスランプに陥った原因は時期的なリズムの変化によるものです。以前は好調であった身体のリズムが今はもう過ぎ去ってしまったようです」。

なるほどそんなことがあるのかもしれない、と青年は考えたようです。毎日をハードな練習に明け暮れるアスリートであれば、そうした何らかのリズムがあることは経験的に理解できるでしょう。「そうでうか。ではいつ頃からそのリズムは戻ってくるのでしょうか」。彼は言いました。

身体のリズムは意識の指令を受けて働くために、その影響を多く受けます。意識の状態が充実しているときは身体の調子も良いものですが、反対に意識の状態が不安定の時は身体の感覚も何となく冴えません。それは多くの人が経験している事実でしょう。

「私がここで言っているのは大きな周期のリズムであり、一時期の小さなリズムではありません。あなたは10数年前にこの調子のよいリズムに入り、しばらくは好調な時期が続きました。どうやら現在はその影響が去りつつあるようです」。

この青年の場合、身体的な能力は生まれつきのものではなかったようです。それは周期の巡る力によって一時的にもたらされる能力であり、その期間だけ身体能力が向上していたに過ぎません。ですからその周期が巡っている間は身体能力が活性化されて能力を発揮できますが、その時期が過ぎ去ってしまうとその能力も失われるのです。つまり彼のスランプは一時的な停滞ではなく、これからもずっと続いていくと予測されるのです。

「そうでうか」。彼は自分のスランプは一時的なものだと考えていたようです。おそらくそのうち回復するだろうと考えて練習に励んできたに違いありません。残念ながらそうではないのです。運命とはある意味、残酷なものと言わざるを得ません。落胆している彼の顔を見ると本当に気の毒に思えます。

ただ彼のような運命パターンは特別なものではありません。多くのアスリートが彼と似たような状況を経験しているのです。かつて相撲で活躍した関取は若くして異例の出世を遂げましたが、やはり周期の巡りによってもたらされた結果でした。周期のリズムが変わって数年後に身体を壊し、若くして引退を余儀なくされました。またある野球選手は若くしてドラフト二位で指名され将来の活躍を期待されました。しかし球団に入団して数年後に周期が変化して好調な時期が過ぎ去り、それに比例するかのように徐々に成績が下がり始めて二軍落ちとなり、結局はその後も活躍できずに引退したのです。

アスリートの活躍と彼らの心理リズムの調子は多くの場合は一致します。ある有名なテニスプレイヤーを追跡調査したときは心理グラフの上下の動きと彼女の毎年公表されるランキングの順位が見事にピタリと一致していました。このような分析調査からも、周期グラフの計算が正確に為されていることがわかると思います。

どんな人も意識の影響を受けるのですか。身体の訓練を突き上げた優秀なアスリートでさえも例外ではありません。「では、もし先生の言う通りに今後も伸びていかないとすれば、私はどうすればよいのでしょうか」。彼は不安げな眼差しで私を見つめて言いました。

これは多くのアスリートが突き当たる問題です。実際にアスリートの多くが小さい頃からこの道一本に打ち込んでいます。成績がどんどん伸びていく場合は希望とやる気に満ちていることでしょう。しかしどんなスポーツであれ身体や技術の限界というものがあり、いつかは壁に突き当たるものです。そのときにアスリートとしての真価が問われるのかもしれません。それは競技で良い成績を残すよりも、実はもっと大切なものかもしれないのです。

「あなたが今後どうすればよいのかという問題は簡単ではありません。その回答は人によって異なるからです。ある人は挫折感を抱いて今後の人生を歩んでいくかもしれません。しかし別のある人は後進の指導に活路を見出すかもしれないのです。それはあなたがその道を通して何を学んだかによるでしょう。未来にそのことが試されるのです」。彼は押し黙ったまま私の話を聞いていました。何か感じるものがあったのかもしれません。

アスリートの多くは非常に苦しい練習を長い期間にわたり積んでいます。しかしなぜそれを続けるのかと聞かれても答えられないものです。好きだから続ける、有名になりたいから続ける、答えはたくさんあるでしょう。一見すると他者と競争しているように見えても、本当は自分との闘いこそが真のアスリートの姿なのかもしれません。

自分の中にある甘えた心、人に依存する弱い心、現実にすぐに妥協する怠惰な心などです。どんな人の心の中にもこうした人間としての弱点があり、人はそれを克服するために身体に試練を課して努力を続けるのです。アスリートはそうした自分の身体と向き合い、それと対峙することで自らの弱い心を乗り越えていきます。緊張とプレッシャーを通して彼らは身体に宿る自身の弱い心と闘い、人間として大きく成長していくのかもしれません。

アスリートが本質的にこのような運命を背負っているならば、スランプに陥ったときにどのような活路を見出し、またどのような未来をたどるのかは、それぞれなりの答えがあるのかもしれません。

2019年10月22日