カルマの法則と運命の関係

カルマの法則という言葉があります。因果応報と言い換えても良いでしょう。これは過去における善悪のカルマ(業)が、現在において幸福や不幸の状態を作り出すというものです。古来より仏教思想の定着したわが国ではこの思想が自然と受け入れられてきました。科学思想の広まった現代では迷信ととらえる人もおりますが、この発想法じたいはまだ多くの人の中に生き続けているようです。

では、このカルマの法則(因果応報)の思想は、私たちの運命にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。これに関わるエピソードがありますので少し紹介しましょう。

これは五十代の男性の事例です。その人は親の事業を引き継いだ人で、商事会社を経営していました。経営のほうは順調とまではいかないものの、なんとか経営できていたようです。しかしそのぎりぎりの経営にとっては会社の存続にかかわる大きな事件が発生したのです。

「こんな目に遭うなんて。これからどうしたらよいのでしょうか」。相談者の男性はとても落ち込んだ様子でした。聞けば、その男性は経営者にとっては恐るべき事態に陥っていたのです。驚くことに多額の不渡り手形をつかまされたとのことでした。経営者にとってこの不渡り手形は命取りになるほど危険なものでしょう。これまで不渡り手形による会社倒産の話を私も何度か聞いたことがありました。男性の話を聞いていると、その大変な状況が伝わってきます。

「なぜ私だけがこんな目に遭うのでしょうか」。男性はこの言葉を何度か呟きました。私も最初は同情的に聞いていましたが、だんだんと考え方が変わってきました。実際に世間ではこのような不条理な話を聞くことがあります。不渡り手形だけではなく、知人の保証人になって多額の借金を背負わされたということもあります。一般的に考えればその男性は完全に被害者であり、何の落ち度もありません。悪いのは相手であり自分には責任がないと考えます。

しかし一見すると不条理に思える出来事でも、その背景には深い道理が存在することがよくあります。「そうした目に遭わされるような、何か思い当たる節はないのですか」。私は念のために尋ねました。「まったくありません」。男性はそう言いました。その答えを聞いてから男性の四柱推命基礎データに細かく目を通しました。事件の起きた年をみると、その男性の「不和年」に当たっていました。

「不和年」というのは琉球四柱推命で名付けた運気の最も下降する危険な時期をいいます。危険な時期といってもその内容は人によって様々です。この年に病気が発生する人、うつ病などの精神疾患になる人、妄想にとらわれてストーカーになる人、離婚する人、失業する人、交通事故に遭う人などもいて、まったく千差万別といえるでしょう。ただ、そこには共通する法則があります。その「不和年」においては苦しい状況が出現してくるということです。

この不和年がいつ頃巡るかは、生年月日時を計算すれば確実にわかります。その年が巡ると運命的には苦しい状況が必ず発生してきます。この不和年というのは、どのような原理の下で発生するのでしょうか。

この不和年は誰でも周期的なサイクルで巡るために、その背景にはたしかな運命の原理があることが想定できます。琉球四柱推命ではこの現象が人間の高等な理性の機能と深く関係していることを突き止めてきました。理性の機能は人間に社会の常識やルールを守らせ、人間を人間らしくさせている高等な機能です。

高度な人間社会ではこの理性機能が健全に作用しなければなりません。ところが不和年という時期に入ると、この理性機能に障害が出ます。健全な意識を保てずに妄想に襲われたり、怒りに支配されたり、うつ状態に陥ったりします。この機能がマヒすれば人間はまともな社会生活を営めなくなるのです。またこうした状態がさらに悪化すると、身体のどこかに病気を発生させたり、突発的な事故を引き起こしたりします。

通常の人間はこの理性機能によって守られており、人間が無意識の悪い衝動や情緒に支配されないように配慮されています。不和年はこの理性機能の作用に障害が出るので、ある意味とても危険な時期ともいえるのです。

しかしここで注意点があります。この不和年に発生する現象は、すべてその個人の潜在意識の歪んだ部分から生じてくるということです。その年になると「何か悪いものが外からやってくる」というわけではありません。その原因となる歪んだ深層心理がもともとその人の無意識の中に封じ込められていて、それが現象化しているに過ぎないのです。

たとえばこの年にストーカーになる人がいます。その人は偶然にストーカーになるのではありません。以前から自分の深層心理の中に強い衝動を秘めていて、あくまでもそれが現象化しているに過ぎないのです。またある人はこのような年にうつ病になります。これも偶然にそうなったというわけではありません。その年以前に人間関係での抑圧的な心理状態があり、その攻撃性が内在化してそれが無意識の中に抑圧されて封印されていたのです。しかし不和年に入るとこれらを制御している理性の機能が低下します。するとこれらの負の想念が意識の上に浮上して現象化するのです。

そのときの相談者の男性がこの不和年に当たっていました。ですから私は相談者に対して「何か思いあたることはないのか」と尋ねたのです。この年に生じる現象がただの偶然で発生するものではないと私は知っていたからです。「私が何か悪いことをしたのでしょうか」。相談者の男性はこうした運命の法則があることを知りません。それは本人に自覚があろうとなかろうと関係ありません。私は相談者の男性に自分の過去を振り返ってみるように言いました。

しばらく男性は沈黙していました。しかし数分後に何か思い出したように小さい声で言いました。「ちょっとだけ思い当たることがあります」。私の予想どおり、その原因は男性の過去にありました。その男性は家業を継ぐ前に勤めていた会社で営業という立場を利用して不正を働いていました。仕事を発注する際に下請け会社から高額のマージンを受け取っていたのです。それは長年にわたり、かなりの金額になったはずです。本来その職に見合うだけの収入はもらっていたはずなので、これは職権的な立場を利用した完全な不正行為でした。

こうした不正の事実は誰よりも自分自身が知っています。こうした不正行為は本人の深層心理の中に深く刻み込まれます。その事実を周囲の誰も知らなくても、本人だけは確実に知っているものです。

運命の法則はこうした不正な行為や人に対する悪意などをすべて整合化させるように機能しています。ですからそれが不正な行為で得た報酬ならば、まったく同様な不正な現象のもとにそれを反転させるのです。この男性の事例でいえば、ある時に突然、不渡り手形をつかまされ、自らが以前の会社に為したように不当な金銭の奪われ方をするというわけです。

「そうですか、わかりました」。男性はなんとなく理解したようです。こうした運命の法則は厳然として存在しています。昔からいわれる因果応報、カルマの法則は運命法則において確かに確認できるものなのです。ところがいまだに多くの人はこうした運命の厳しい法則があることを知りません。誰にもわからないからといって不正を働く人のなんと多いことでしょうか。不正は法律によって裁かれるだけではありません。本当に不正を裁くのは人間の中に存在する本当の自分自身、真我(アートマン)と呼ばれるものです。

その真我は運命の世界と密接に関係しており、自らのなす行為、自らの価値観や考え方を深く記憶の底に刻み込んでいるのです。もしそれが不正に関する情報であれば、自らが形成した不正の罪を受けるべく無意識のうちに行動し再現させます。ただそれはすぐに自分の下に返ってくるわけではありません。運命の世界には大きなスケールの時間があり、その周期性の法則の下に人は生かされて自らの行為の結果を受け取るのです。

その大きさが運命の世界をわかりにくいものにしています。もし悪意や不正がすぐに自分のもとに返ってくれば、人間はその法則をすぐに理解するでしょう。ただ大自然の法則は人間の都合で成り立っているわけではありません。人間がそうした大自然の法則の下に生かされているのです。

男性は言いました。「これからは自分の行為に責任を持ちたいと思います」。相談者の男性は自らの行為を恥じていました。彼は現実的な人ですから、当時の周囲の人がしていたように自らも為したのでしょう。誰もがしていたような悪習慣を男性は単に模倣しただけとも言えます。ただ世間の常識と運命の法則は必ずしも一致するものではありません。

本当の法というのは自らの内なる心の奥底に存在しているのです。それが真の法でしょう。それは現在の法律や時代の風潮、世間の習慣とは何の関係もありません。自然の法はあるときは厳然として人間の行為を裁きます。しかしあるときは寛容に人間の失敗を許すこともあるのです。運命の世界はこうしたカルマの法則を正しく作用させて、私たち人間の生き方を宇宙的な調和に向けて均衡化させていくのでしょう。

 

2019年09月28日