琉球四柱推命と一般の四柱推命の違いは

よく聞かれる質問として、琉球四柱推命と一般の四柱推命は何が違うのかということがあります。違いは多数ありますが、以下に大まかにまとめてみましょう。

1)空亡と特殊星を使わない

日本国内で使われている四柱推命の多くは、鑑定の際に「空亡」「特殊星」をよく使います。空亡で悪い時期を判断したり、特殊星で性格を判断したりします。ところが中国の正統派の古典『子平真詮』では「空亡や神殺(特殊星)は迷信である」とはっきりと書かれているのです。琉球四柱推命でも長年にわたり空亡と特殊星(神殺)を検証しましたが、根拠のない迷信であると断定しました。ですからこれらの判断法を一掃しました。これにより的中率が格段に上がりました。

 

2)通変や12運を明確に理論化

一般の四柱推命では天干と地支をごちゃまぜにして解釈しています。たとえば天干の箇所に12運を出したり、地支の箇所に通変を出したりします。これでは天干と地支を同じように解釈することになり、そもそも天干と地支を分ける意味がなくなります。通変とは厳密にいえば日干と他の干のアスペクト、12運とは日干と地支のアスペクトなのです。この意味を知らないで混ぜこぜに解釈すると混乱して的中率が下がります。

 

3)大運の新しい理論を採用する

四柱推命で命式と同じくらいの位置にあるのが大運といわれる運勢です。これは他の占星術には見られない技術で、四柱推命の非常に優れた部分の一つです。実は運勢を鑑定するうえで非常に大事なファクターですが、一般の四柱推命では大運の理論が整備されていないために正しい判断ができていません。これがわからないので空亡や特殊星などの不要な技術を持ち出してくるのです。しかしそんなやり方をしていると高い的中率を出すことはできません。

 

4)わかりにくい専門用語を現代語に変換

四柱推命の用語が難しいために勉強の途中で挫折する人がいます。専門用語は慣れてくるとその素晴らしいネーミングが理解できますが、そのレベルに至るまでは何年もかかってしまいます。そこで琉球四柱推命では専門用語を現代の心理学用語に変換して初心者の理解を助けます。現代用語と専門用語を対比的に学ぶことで、直感的にその本質を理解できるようになります。四柱推命の本質を現代用語でいうと「深層心理学」と言えます。潜在意識の中で起きる心理変化がその人の運命を動かす本体ですから、深層心理の法則を覚えればその人の運命の変化を予測できるということになるのです。

 

2019年05月21日