FAQ一覧

パソコンがないと勉強できませんか

はい、できません。琉球四柱推命は短期間で学ぶ必要上、命式を作成する煩雑な知識を省いています。パソコンを使って命式や大運、年運を作成しますので、パソコン(WINDOWS)がないと勉強することができません。命式や大運、年運を作成するには慣れても30分ほどの時間がかかります。この時間は常に無駄な時間であり、しかも命式を作成できても内容を解釈できるわけでもありませんので、命式を作成する知識は必要ないのです。

反対にいえば命式を作成できなくても、内容が理解できればよいのです。内容の勉強を集中的に学ぶことで短期間で本物の実力を身に着けます。これはギア付きの自動車ではなくてもオートマチックの自動車に乗れば運転できるのと同じことです。ギア操作を勉強する時間を運転そのものに当てれば、運転はよりはやく上達するでしょう。

また琉球四柱推命は四柱推命の命式、大運、年運のみならず、その特徴が初心者でも理解できるように工夫した「心理グラフ」を採用。さらに運気の良しあしがすぐにわかるように工夫した「周期グラフ」も採用しました。さらにこれらの内容をわかりやすくした解説記事などを参考にすることで、初心者でも四柱推命をすぐに使えるように構成しています。

四柱推命を初めて学ぶ初心者であれば、当校のパソコンのプログラムレベルの技術に達するまで早くて3~5年、遅ければ10年かかっても到達できないかもしれません(空亡、特殊星などを使っていれば)。琉球四柱推命は本場中国の正統派の古典に基づく長年の研究成果を「鑑定ソフト」に盛り込んでいますので、初心者でも安心して使うことができます。

→詳しくは「通信講座」のページをご覧ください。

 

2019年07月30日

四柱推命はどのように使えますか


琉球四柱推命を学んで何に使えるか、という質問をよく受けます。簡潔にいえば人が生きていくうえでは様々な迷いがありますが、それに対して有益な回答を得ることができます。たとえば就職に迷っているとします。そのときには自分の適性、現在の運気などを調べましょう。仕事の能力はすべての人で異なりますので、自分がその仕事に適性があるのかという点を調べればよいのです。また適性があっても一時的に運気が悪く、不調になっていることもあります。そんなときはすぐに退職するよりも運気の回復を待つ方が得策であることもあります。こうした違いを正確に知ることができるのは琉球四柱推命しかありません。

ある人は結婚に迷いが生じています。その心理の原因がどこにあるのかを知ることが大事です。たとえば相手との相性が良いのか悪いのかを知ることは簡単ですし、あるいは相性は良くても相手や自分の運気が悪いということもあります。そんな場合は一時的に結婚を延期し、良い時期を選択して結婚すればよいのです。これらを知ることは難しいことではありません。

ある人は対人関係で悩んでいます。その原因は相手の考え方や価値観、性格を理解できないことが多いことがあります。そうであれば相手の考え方や性格を調べ、その対処法を見つけ出すことができます。また相手や自分の運気の波の上下を知り、悪い時期は関わらないように工夫する、良い時期に良好な関係を築く、ということもトラブルを避ける有効な方法です。こうした時期を知ることも琉球四柱推命では簡単にできます。


このように琉球四柱推命はあなたの生活にとって必要な、様々なことに応用することができます。琉球四柱推命は従来のような単なる占いではなく、長い歴史をかけて形成されてきた「人間心理の統計学」なので、人間に関することであれば様々なことに応用が利くのです。現代人の多くはこんな便利なツールがあることを知りません。これを学べば波乱の多い現代社会でもまさに「鬼に金棒」となります。あなたも琉球四柱推命を学びませんか。当校開発のオリジナルソフトと教材があれば短期間で習得することができます。

→詳しくは「通信講座」で案内しています。

2019年07月27日

琉球四柱推命と一般の四柱推命の違いは

よく聞かれる質問として、琉球四柱推命と一般の四柱推命は何が違うのかということがあります。違いは多数ありますが、以下に大まかにまとめてみましょう。

1)空亡と特殊星を使わない

日本国内で使われている四柱推命の多くは、鑑定の際に「空亡」「特殊星」をよく使います。空亡で悪い時期を判断したり、特殊星で性格を判断したりします。ところが中国の正統派の古典『子平真詮』では「空亡や神殺(特殊星)は迷信である」とはっきりと書かれているのです。琉球四柱推命でも長年にわたり空亡と特殊星(神殺)を検証しましたが、根拠のない迷信であると断定しました。ですからこれらの判断法を一掃しました。これにより的中率が格段に上がりました。

 

2)通変や12運を明確に理論化

一般の四柱推命では天干と地支をごちゃまぜにして解釈しています。たとえば天干の箇所に12運を出したり、地支の箇所に通変を出したりします。これでは天干と地支を同じように解釈することになり、そもそも天干と地支を分ける意味がなくなります。通変とは厳密にいえば日干と他の干のアスペクト、12運とは日干と地支のアスペクトなのです。この意味を知らないで混ぜこぜに解釈すると混乱して的中率が下がります。

 

3)大運の新しい理論を採用する

四柱推命で命式と同じくらいの位置にあるのが大運といわれる運勢です。これは他の占星術には見られない技術で、四柱推命の非常に優れた部分の一つです。実は運勢を鑑定するうえで非常に大事なファクターですが、一般の四柱推命では大運の理論が整備されていないために正しい判断ができていません。これがわからないので空亡や特殊星などの不要な技術を持ち出してくるのです。しかしそんなやり方をしていると高い的中率を出すことはできません。

 

4)わかりにくい専門用語を現代語に変換

四柱推命の用語が難しいために勉強の途中で挫折する人がいます。専門用語は慣れてくるとその素晴らしいネーミングが理解できますが、そのレベルに至るまでは何年もかかってしまいます。そこで琉球四柱推命では専門用語を現代の心理学用語に変換して初心者の理解を助けます。現代用語と専門用語を対比的に学ぶことで、直感的にその本質を理解できるようになります。四柱推命の本質を現代用語でいうと「深層心理学」と言えます。潜在意識の中で起きる心理変化がその人の運命を動かす本体ですから、深層心理の法則を覚えればその人の運命の変化を予測できるということになるのです。

 

2019年05月21日